新年をにぎやかに迎えよう!北海道の年越し開運イベント3選! 新年をにぎやかに迎えよう!北海道の年越し開運イベント3選!

新年をにぎやかに迎えよう!北海道の年越し開運イベント3選!

こんにちは、そしてメリークリスマス! Domingo事務局です。
早いもので、今年も残りわずかとなりました。
今回のトピックスは、大晦日から元旦にかけて開催されるお勧めイベントを、宗谷・上川・根室の3つの地域からご紹介します!

ニューイヤーフェスティバル開運祭

オホーツク海に面する道北の枝幸町歌登で、極寒の大晦日に負けじと心も身体もホットになるイベント「ニューイヤーフェスティバル開運祭」が開催されます。今年で36回目を迎えるこの祭りは、過去にNHKの「ゆく年くる年」で3回放送されたほど有名なイベントです。牛のえさである「牧草ロール」を乗せた「ロール神輿」を担ぎ、歌登文化会館から歌登八幡神社までの約2kmの道のりを歩きます。

酪農が盛んな枝幸町ならではの「ロール神輿」の重さは、なんと約400kg!大晦日の23時頃に歌登文化会館を出発するこの神輿に乗れるのは、年男と年女のみ。昨年は戌年生まれの方々4名が交代で乗りました。

ゴールの歌登八幡神社に到着後は、お参りを行い、神社で受け取った聖なる火を松明へ灯します。そして年越しのカウントダウンとともに、年男・年女とスタッフが牧草ロールに火を灯します。メラメラと牧草ロールが燃える中、夜空には年明けを祝う鮮やかな花火が打ち上がり、会場からは歓声が湧き上がります。

新年を迎えてからもイベントは続き、紅白もちとかぼちゃ団子をまく「新春運だめしもちまき大会」や、特賞には3万円が当たる「現金つかみ取り」、他にも串おでん、そば、焼き鳥、コーヒーなどの無料配布もあります。

寒い日にはー30度を下回ることもある、枝幸町歌登。2019年は、燃える牧草ロールと枝幸町の人々の暖かさを感じながら、身も心も暖かい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

北の大文字

夏には鮮やかなラベンダー畑で多くの観光客が集まる、上川地方の上富良野町。ここで大晦日から元旦にかけて行われるのが「北の大文字」です。今年で32回目を迎えるこの催しは、御神火ランナーが暗闇に並ぶ約300本の鉄杭に火を点し「大」の字を描き、新年を訪れを祝うものとして知られています。

しかし、そのはじまりは大正15年に発生した「活火山十勝岳噴火」で上富良野町が大きな被害を受けたことに由来します。雪の斜面に浮かぶ「大」の字には、噴火で失われた幾つもの尊い命を偲び、再び災害が起きないようにという町民の祈りも込められているのです。

多くの観客が集まる会場では、1月1日0時ちょうどに花火の打ち上げが始まります。華やかな花火と赤く燃える大文字の協演に、会場は大いに盛り上がり、特設ステージでは「鏡開き」や「安政太鼓演奏」など、新年を祝う様々なショーも披露されます。

会場は非常に寒いですが、無料の「大文字ココア」やホットミルクで温まりながら、上富良野町の歴史ある「北の大文字」で熱い新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

納沙布岬初日詣

北緯43度23分7秒、東経145度49分1秒に位置する日本の本土最東端、そして北海道で一番最初に朝日を見られる場所が、根室市の納沙布岬(のさっぷみさき)です。元旦にこの岬に集まり、水平線から昇る初日の出を眺める「納沙布岬初日詣」は、例年全国から2,000人以上が訪れる人気のイベントです。会場の納沙布岬は北方領土の歯舞群島が間近に望め、一番近い貝殻島まではわずか3.7km。この催しは新年を祝う意味に加え、北方領土の早期返還と平和への祈りも込められています。

当日は根室市の郷土芸能「ねむろ太鼓」が披露されるほか、暖かいコーヒーやお茶が無料で振る舞われます。また、根室市名産の花咲ガニを使用した郷土料理「てっぽう汁」を、お得な200円でいただくことができます!
2019年の「初日の出参拝」は6時49分の予定です。みなさんも北海道で一番早いご来光に手を合わせ、一年の幸せを祈ってみませんか?

 

2018年最後のトピックスは、枝幸町、上富良野町、根室市で開催される年越しイベントを、3つをご紹介しました!
この他にも年末年始の北海道は、”子宝もちつき舞”が披露される登別市の『元旦縁起もちつき』、カウントダウンとともに花火と火文字が描かれる沼田町の『年越しイベント温故知新』、流氷砕氷船”ガリンコ号”に乗船し初日の出を眺める紋別市の『初日の出クルーズ』など、個性豊かなイベントが開催されます。
年末年始に旅行や帰省をされる方は、ぜひアプリ「Domingo」で地域の情報を調べてみてくださいね!
それでは、良いお年をお過ごしください!

 

北海道の地域密着型情報アプリ「ドミンゴ」

あなたの住んでいるまち/大好きなまち/ふるさとのまちの情報をスマートフォンで受け取れる市町村公認の無料情報アプリ、Domingo(ドミンゴ)。通勤通学の間に、ちょっとした空き時間に、フォローしたまちから発信される多彩なニュースやまちの話題、イベント情報を見逃すことなくチェックできます。

App Store
Google Play