エキゾティック・イメージー上海から道化へ/《赤い服の少女》が絵本になった!(後期)

エキゾティック・イメージー上海から道化へ/《赤い服の少女》が絵本になった!(後期)

開催日時

2021年3月4日(木)~2021年4月11日(日)

休館日:展示替え(2/16~3/3、3/31、4/1~3)

料金

一般510(420)円
高大生250(170)円
中学生以下、65歳以上無料。
高校生は土曜日並びに学校教育での利用は無料。 
※( )は10名以上の団体料金。


※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。


概要

■Museum Collection 展示室1~5  
エキゾティック・イメージー上海から道化へ 
大正15(1926)年、三岸好太郎は中国旅行として上海・蘇州・杭州を旅します。エキゾティックな上海でのひとときは、三岸生来のロマンチックな詩情をよびさまし、道化をモチーフとした新たな画風へ飛躍する一つのきっかけとなりました。道化シリーズを中心とする所蔵品からその変貌をみつめます。
■Museum Collection 展示室6~7
スポット展示 《赤い服の少女》が絵本になった!
当館人気作のひとつ《赤い服の少女》(1932年)。所蔵品や参考資料をもとに、本作の制作秘話をご紹介します。本展にあわせ、おばけのマ~ルとコラボレーションしたミニ絵本「おばけのマ~ルとあかいふくのしょうじょ」の原画などをパネル展示します。

※展示内容は前期(’20.12/19~’21.2/14)と変わりません

公式サイト 新北海道スタイル安心宣言 感染防止対策 連絡先記入又はQRコードによる登録のお願い

会場

北海道立三岸好太郎美術館 展示室

お問い合わせ

北海道立三岸好太郎美術館

0116448901

概要引用元: 北海道立三岸好太郎美術館

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する