第5回テーマ展示「ウポポイナイトミュージアム」|北海道の「今」をお届け Domingo -ドミンゴ-

第5回テーマ展示「ウポポイナイトミュージアム」

開催日時

2023年12月23日(土)~2月18日(日)

休館日:月曜日、12月29日(金)~1月3日(水)、1月9日(火)、2月13日(火)
※1月8日(月)、2月5日(月)、2月12日(月)は開館

概要

「ウポポイナイトミュージアム (A Night at the National Ainu Museum)」は、いつもとは違う夜の世界をイメージした博物館を舞台に、株式会社ネイキッドの体験型アートなどを通して、アイヌの文化と言葉に触れ、楽しく学べる期間限定イベントです。

ネイキッドが得意とするデジタル技術を駆使した体験型アートと、アイヌ語も登場する札幌発の人気の絵本「おばけのマール」の世界が融合。『おばけのマールとすてきなことば』がプロジェクションマッピングで動き出し、絵本の世界へ旅するような没入体験や、来場者が映像に触れることで変化するインタラクティブアートで、絵本に登場するアイヌ語やアイヌ文化を楽しく学べる構成となっています。シリーズ15周年を記念した10作品目となる『おばけのマールとすてきなことば』は、多言語版の『Marl the Ghost and Some Beautiful Words』とともに2020年4月24日に発売。国立アイヌ民族博物館の職員の方々も制作協力した、ウポポイ(民族共生象徴空間)が舞台の作品です。本作の他言語版に合わせ、今回の展示も日本語のみならず、英語・中国語・韓国語も選択可能。北海道観光に来たインバウンドの方々にもアイヌ文化について楽しく学んでいただくことができます。

■ウポポイナイトミュージアム
「おばけのマール」が案内人となり、いつもとは違う夜の世界をイメージした展示室 でアイヌの文化と言葉に触れながら、ちょっとドキドキ、ワクワクするような、あなたにとっての新し い発見を探すミュージアム体験をお届けします。展覧会のなかでは、絵本『おばけのマールとすてきな ことば』(中西出版株式会社)とクリエイティブカンパニー NAKED, INC.(ネイキッド)が手がける来 場者の行動で映像が変化する体験型デジタルアート等、楽しみながらアイヌ語が学べる展示構成になっています。

※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。

公式サイト チケット案内

料金

要ウポポイ(民族共生象徴空間)入場料
(大人1,200円、高校生600円、中学生以下無料 など。詳しくは下記のリンクをご覧ください)

会場

国立アイヌ民族博物館 特別展示室

お問い合わせ

(公財)アイヌ民族文化財団

0144823914

概要引用元: PR TIMES

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する
  1. ホーム
  2. イベント
  3. 第5回テーマ展示「ウポポイナイトミュージアム」