北海道らしい大パノラマを満喫!! 夏の道東をめぐるドライブ【シーニックバイウェイ北海道(1)】|Domingo

北海道らしい大パノラマを満喫!! 夏の道東をめぐるドライブ【シーニックバイウェイ北海道(1)】

北海道の醍醐味と言えば、人間はちっちゃいな・・・と感じさせる大パノラマ!今回は弟子屈、中標津エリアを中心に絶景ポイントをドライブします!

今回のルートコーディネーター

ルートコーディネーター

今回のドライブルート

釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ

早速ドライブに出発!

SPOT 1 〈シーニックカフェ〉900草原(きゅうまるまるそうげん)

〈シーニックカフェ〉900草原(きゅうまるまるそうげん)

弟子屈町の南端にある900草原は、1440ヘクタールの広大な町営牧場。
景色も抜群なんですが、ここでオススメなのがパークゴルフ。国際パークゴルフ協会公認の本格コースで、レストハウスではクラブやボールのレンタルも行っています。
レストハウスはシーニックカフェにも認定されており、エゾシカバーガーや摩周そばなどのご当地グルメも楽しめます♪

〈シーニックカフェ〉900草原(きゅうまるまるそうげん)

900草原(町営牧場)

■所在地
弟子屈町鐺別418番地66
■問い合わせ先
015-482-5009(休館時は、015-482-2936 弟子屈町役場農林課)
■営業時間
レストハウス 開館期間:5月~10月
時間:10:00~16:00
■マップ

SPOT 2 摩周湖

摩周湖

絶対はずせないポイントが摩周湖。
弟子屈町の中心部から約10kmのところに摩周第一展望台が、そこからさらに数キロ北側に摩周第三展望台があります。
観光客で賑わっているのは第一展望台ですが、私は天気の良い日に第三展望台から眺める摩周湖の湖の青さ、摩周ブルーが大好きです!何度も写真を撮っていますが、本物の碧さにはかないません。

摩周湖

■所在地
北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野
■マップ

SPOT 3 硫黄山

硫黄山

摩周湖の展望台を北側から下ると川湯温泉の近くに出ます。川湯温泉の南側にあるのが硫黄山。かつては、硫黄の採掘が実際に行われていました。
レストハウスから硫黄山に歩いて近づくと、足元で振動や音を感じるとともに、硫黄臭が一気に増してきます。
硫黄華(いおうか)をじっくり見るのがオススメですが、ヤケドには十分注意してくださいね。

硫黄山

■所在地
北海道川上郡弟子屈町川湯
■マップ

SPOT 4 美幌峠

美幌峠

まさに大パノラマの美幌峠。標高525mの展望台からは屈斜路湖が眼前に大きく広がり、湖の向こうには先ほど訪れた硫黄山や、摩周湖を抱く摩周岳を見渡すことができます。
屈斜路湖畔の屈斜路地区から美幌峠頂上を越え、美幌町福住地区までの間は、全道でも屈指の美しい景観が広がるルートです!

美幌峠

■所在地
北海道川上郡弟子屈町屈斜路
■マップ

SPOT 5 開陽台

開陽台

ライダーの聖地と言われる開陽台。地平線がドドーンと広がり、さすがのパノラマです。
開陽台の入口東側の道路は中標津ミルクロードと呼ばれ、アップダウンを繰り返す直線道路が遠くまで一望できるポイントになっています。
開陽台に上がったら是非食べてほしいのが、展望館内にあるカフェカイヨウダイのはちみつソフト!トロトロの蜂蜜がソフトクリームで冷やされて、絶妙な食感になるんです!

開陽台

■所在地
北海道標津郡中標津町俣落
■営業時間
営業期間:4月下旬〜10月末
営業時間:9:00から17:30
※10月は午前9時から午後4時30分まで
■マップ

まとめ

今回のルートは、「北海道内でもここでしかみられない」絶景が盛りだくさんで、Domingo編集部も今すぐにドライブしたくなってしまいました。
北海道の短い夏、ぜひドライブで楽しんでみてくださいね!

感染症対策バッチリでドライブを楽しんでみてください。

シーニックバイウェイ北海道 シーニックバイウェイ北海道

シーニックバイウェイとは地域に暮らす人が主体となり、企業や行政と手をつなぎ、個性的で活力ある地域づくり、景観づくり、魅力ある観光空 間づくりを目指す取り組みです。
2005(平成17)年よりスタート、2019年12月末現在13の指定ルート、3つの候補ルートがあり、約440団体が活動をしています。

シーニックバイウェイ北海道


  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 北海道らしい大パノラマを満喫!! 夏の道東をめぐるドライブ【シーニックバイウェイ北海道(1)】