小樽文学館「聖樹のパン ー小樽のパンから広がる世界ー」|北海道の「今」をお届け Domingo -ドミンゴ-

小樽文学館「聖樹のパン ー小樽のパンから広がる世界ー」

開催日時

2021年4月3日(土)~2021年5月5日(水)

9:30~17:00〈入館は16:30まで〉
休館日:月曜日(5/3を除く)4/30(金)

料金

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。


概要

『聖樹のパン』とは?
『ヤングガンガン』誌上で2015年8月から連載開始されたコミックで、現在も連載中です。
腕は抜群なのに自分に自信がないパン職人の青年・ほしの聖樹が、小樽のベーカリーペンションで働くことになり、美味しいパンで人々を幸せにするうちに、次第に自信を取り戻し、成長してゆくというハートフルストーリーです。

原作者の山花典之先生は小樽市出身。
物語の舞台である小樽の描写は、単なるご当地マンガの域を超えたリアリティに裏打ちされています。
また、たかはし慶行戦士の腕による作画も、何気ない街並みや風景に至るまで、小樽の空気感を的確に再現しています。

このたびの展示では、山花先生から小樽文学館にご寄贈いただいた原画25点、ならびに小樽図書館にご寄贈いただいた貴重なネーム稿や原案草稿を中心に『聖樹のパン』の世界をご紹介します。
また、小樽は実際にも、古くからパン屋さんが沢山あることで知られた街。
展示では、小林多喜二も少年の頃に手伝った、多喜二の伯父さん創立のパン店〈小林三星堂〉をはじめ、小樽のパン屋・ベーカリーの歴史についてご紹介します。
更に、現在小樽で頑張っている、数多くの個性豊かなパン屋さんの情報も満載です!

公式サイト

会場

市立小樽文学館

お問い合わせ

市立小樽文学館

メール 0134322388

概要引用元: 市立小樽文学館

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する