タンチョウレスキューの現場から|北海道の「今」をお届け Domingo -ドミンゴ-

タンチョウレスキューの現場から

開催日時

2021年10月30日(土)

13:00~15:00
事前申込要(定員15名)

料金

*パネル展・講演会への入場は無料ですが、別途、各動物園への入園料が必要です。


概要

巡回展「タンチョウ・レスキュー展」講演会

2021年7月1日から2022年2月13日まで、北海道内の動物園4園(札幌市円山動物園、旭川市旭山動物園、おびひろ動物園、釧路市動物園)を巡回する「タンチョウ・レスキュー展(パネル展)」を開催致します。
また、各動物園でのパネル展開催に合わせて、日ごろタンチョウのレスキューに従事している獣医師(飯間裕子:釧路市動物園)による講演会も開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

●パネル展・講演会へご来場の際は、マスクの着用等、新型コロナウイルス感染拡大防止への対策にご協力をお願い致します。
●新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、開催予定に変更が生じる場合があります。ご来場の際は開催状況の確認をお願い致します。

【注意事項】
*新型コロナウイルス感染症の発生状況等により、日程は変更となる場合があります。必ず開催状況を各動物園のHPなどでご確認下さい。
*ご来場の際は、マスクの着用等、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願い致します。
*講演会へのご参加につきましては、開催動物園のHP等をご確認下さい。講演会への参加は、事前申込が必要です(定員15名)。

※新型コロナウイルス感染症の流行等によって、期間や内容が変更となる場合があります。


~タンチョウ・レスキュー展について~
北海道に生息するタンチョウは、2021年現在、1900羽程まで生息数が回復しています。しかし、タンチョウが事故にあい保護される、あるいは、死亡するケースも増えています。
タンチョウたちは人間の近くで生活を始めており、その生活圏にある電線や道路、フェンス、ネットなど多くの人工物が脅威となっています。
また、農地への飛来など、人間とのあつれきも目立つようになってきました。そして、タンチョウの生息地は徐々に広がっており、今後は、道東から道央・道北・道南圏へ急速に拡大していくものと予想されます。
この現状に対して、北海道内の動物園4園が連携し、タンチョウの現状や事故防止のための普及啓発に加え、この先のタンチョウとの共生を考えてもらうきっかけ作りになることを願い、タンチョウ・レスキュー展を開催いたします。


※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。

会場

釧路市動物園 事務所2階

お問い合わせ

タンチョウレスキュー展実行委員会事務局

0154562121

概要引用元: 釧路市動物園

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード