[北海道博物館]第3回蔵出し展「久保寺逸彦文庫―アイヌ文学研究者による調査と資料をとおして、時代をさぐる―」|北海道の「今」をお届け Domingo -ドミンゴ-

[北海道博物館]第3回蔵出し展「久保寺逸彦文庫―アイヌ文学研究者による調査と資料をとおして、時代をさぐる―」

開催日時

2022年10月29日(土)~2023年1月15日(日)

9:30~16:30(入場は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(ただし1月9日は開館)、12/15(木)、16(金)、12/29(木)~1/3(火)、1月10日(火)

料金

観覧無料
(※総合展示をご覧になる場合は別途料金がかかります)


概要

アイヌ文学研究をはじめ、アイヌ文化研究に大きな足跡を遺した久保寺逸彦(くぼでらいつひこ・1902-1971)は、基礎的な資料の集積と整理に努力を傾注した研究者でもありました。
その没後から50年あまりが経ちました。昨年(2021年)までに著作集全4巻が完結した機会をとらえ、久保寺逸彦旧蔵資料のほとんどを収蔵する当館において、これらの資料約7,000点の全貌を紹介する展示会を開催いたします。
その際、あわせて考えておきたいことは、久保寺による調査もまたアイヌ文化をとりまく時代の中にあったことです。そして、調査の“協力者”と位置付けられがちな、資料を語り遺した人びとと当時の社会から、久保寺らの調査とその資料を見直すことも大事な課題です。
今回は、これらの視点を通して、遺された資料を伝え、その意義を考える機会としたいと思います。

※感染症の拡大状況によっては会期を変更または中止する可能性があります。
※ご観覧にあたっては、感染症対策へのご協力をお願いします。
※混雑緩和のため、特別展示室への入場をお待ちいただく場合があります。
※学校団体などの予約時間には一般の方の入場をご遠慮いただく場合があります。予約状況については、下記のリンクからご確認ください。

[関連行事]
■連続講座 久保寺逸彦文庫を見る・読む・聞く(全3回)
・11月6日(日)第1回「久保寺逸彦 人と学問/久保寺逸彦回想談を聞く」
・11月27日(日)第2回「1935年北海道・サハリン調査とその時代」
・12月4日(日)第3回「久保寺逸彦『アイヌ語辞典』と『神謡・聖伝の研究』」
13:30~15:30
[その他 アイヌ文化関連イベント]
■ミュージアムカレッジ「インターネットを使ったアイヌ語学習」
11月20日(日)13:30~15:30
■アイヌ語講座①~④(全4回)
12月11日(日)、12月25日(日)、1月8日(日)、1月22日(日)
13:30~15:30
■ミュージアムカレッジ「アイヌの英雄叙事詩を聞く―うたと言葉」
12月17日(土) 13:30~15:30
■ミュージアムカレッジ「ハレの日の装い」
1月14日(土) 13:30~15:30

※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。

公式サイト チラシ 総合展示の混雑状況について

会場

北海道博物館 2階 特別展示室

お問い合わせ

北海道博物館

0118980456

概要引用元: 北海道博物館

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する
  1. ホーム
  2. イベント
  3. [北海道博物館]第3回蔵出し展「久保寺逸彦文庫―アイヌ文学研究者による調査と資料をとおして、時代をさぐる―」