100年の時を超える ―〈明治・大正期刊行本〉探訪―|北海道の「今」をお届け Domingo -ドミンゴ-

100年の時を超える ―〈明治・大正期刊行本〉探訪―

開催日時

2月3日(土)~3月24日(日)

9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館・翌火曜日に休館)

概要

北海道立文学館では、明治・大正期に刊行された書籍を数多く所蔵しており、それらの中には、現在では貴重な初版本も少なくありません。また色鮮やかでモダンな装幀の本であったり、さらに当時の社会情勢が反映された内容であったりと、 近代日本の息吹を感じさせるものばかりです。2026年、大正が幕を閉じてから100年を迎えます。本展では、有島武郎、石川啄木、萩原朔太郎、三木露風、宮沢賢治、室生犀星、与謝野晶子など、 道内外の明治・大正期の著名文学者に着目し、刊行されてからおよそ100年の時を超える所蔵本を一堂に紹介します。

※イベントの開催状況につきましては、主催者様の公式サイトを必ずご確認ください。

公式サイト 北海道立文学館 開館日カレンダー

料金

一般500(400)円、高大生250(200)円、65歳以上・中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金
※詳細はお問い合わせ下さい

会場

北海道立文学館

お問い合わせ

北海道立文学館

メール 0115117655

概要引用元: 北海道立文学館 今後の特別展

※内容は予期せず変更になる場合がございます

問題を報告する
  1. ホーム
  2. イベント
  3. 100年の時を超える ―〈明治・大正期刊行本〉探訪―