大雪山の自然と生きる愛くるしい姿。「美瑛町のナキウサギ」など 【北海道ミライノート (42)】

大雪山の自然と生きる愛くるしい姿。「美瑛町のナキウサギ」など 【北海道ミライノート (42)】

未来に残したい北海道の景色を集める「北海道ミライノート」。
みなさんによって撮影・投稿された北海道の素敵な景色から、今回も選りすぐりの投稿を3枚ご紹介します!

美瑛町のナキウサギ

北海道の限られた地域でしか生息していない“ナキウサギ”。その愛くるしい姿に会いたく、秋の始めに撮影に行きました。
大雪山の自然にふれ、この小さな生き物の命の逞しさも感じます。

投稿者:yuko47.nagi さん

撮影された市町村:美瑛町

Domingo編集部からのひとこと
北海道でもなかなか会うことのできないエゾナキウサギの、とっても可愛らしい一瞬を捉えた素敵な1枚!
夏は冷涼・乾燥していて天敵からの逃げ場所にもなる、石や岩が積み重なる場所に巣穴を作ることが多いんだそう。Domingo編集部も会ってみたいです。

東川町の夕暮れの景色

「鏡面水田」が有名な 東川町の田んぼも 稲刈りが終わり すっかり秋模様。
桜の木も 紅色に染まり、秋晴れで 暖かい日の夕暮れ時の景色が素敵でした。

投稿者:fiabesco.mirina さん

撮影された市町村:東川町

Domingo編集部からのひとこと
冬が来る前の、やわらかな日差しとたくさんの秋の色が写り込んだあたたかく素敵な1枚!
田植え後の短い間だけみられる鏡面水田、稲刈り後の秋色の田んぼ、冬のまっさらな雪景色など、季節によって姿を変える東川町の風景、とっても癒されます。

上士幌町のタウシュベツ川橋梁

前から見たかったタウシュベツ川橋梁
橋梁も崩れかかってます。
紅葉と橋梁
絶景でした。

投稿者:yokochin19jp さん

撮影された市町村:上士幌町

Domingo編集部からのひとこと
1937年に竣工してから逞しく在り続けるタウシュベツ川橋梁と、秋色の自然がコラボレーションした鮮やかな1枚!
例年9月頃までに水没するタウシュベツ橋梁ですが、2020年は雪や雨が少なかったため10月に入っても水没しなかったんだそう。紅葉とのコラボレーションはなかなかみられないんですね。


北海道ミライノート

北海道ミライノート

北海道ミライノートは皆さんが撮影した北海道の写真をインスタグラムで集め、未来につなぐ一冊のノートとしてホームページにまとめていくプロジェクトです。
インスタグラムで #北海道ミライノート または #hmnote をつけてあなたのお気に入りの北海道の写真を投稿してください。