• スポットタイトル

ルルドの洞窟

カトリックの巡礼地として世界的に有名なフランスの「ルルドの洞窟」。トラピスト修道院裏の丸山にも、「ルルドの洞窟」がつくられています。1910年(明治43年)春、雪の深い裏山でジェラル・プーリエ師が遭難しましたが、幸い一命をとりとめ、入院中にこの裏山にルルドの洞窟建設を計画し、翌年落成されました。1989年(平成元年)には、裏山のルルド洞窟が風化落石のため危険となり、修復不可能とわかったので、200m程手前の山を削り、現在に至っています。
修道院正面から徒歩30分の位置にあり、展望台にもなっています。

北斗市観光ガイド

所在地

〒049-0283 北海道北斗市三ツ石392


  1. ホーム
  2. スポット
  3. ルルドの洞窟