• スポットタイトル

ほろしん温泉ほたる館

空知管内には星の数ほど公営温泉が在りますが、その誕生が昭和の初めまで遡る温泉は数少ないのでは・・・。

沼田町恵比島・永徳寺顕城住職が、故郷の富山県から江戸初期建立の十一面観音像を譲り受けたのが大正11年の夏で、観音講を毎年催していました。
昭和3年8月17日に幌新部落で行われる観音講に行く途中、清水がこんこんと湧いているの見つけ、暑い日だったのですくって飲んでみると、身も心も清々しくなったとのこと。この話を聞いた人々は「観音講の日に清水が見つかったのは観音様の霊水に相違ない。」と信じ、病にかかると、この「奇跡の水」を飲むようになりました。
以来、この霊水神話が広まり、昭和38年に水質分析検査が行われ、神経痛、リュウマチ、糖尿病等に効果があるとわかり、有志による株式会社「幌新温泉」を組織し、温泉が誕生しました。

公式サイト

営業時間

■入浴時間
10:00~22:00(日帰り入浴)
大浴場は6:00~24:00/露天風呂は6:00~22:00/サウナは10:00~22:00

料金

■入浴料
大人500円
小人250円
小学生未満無料

駐車場

無料駐車場あり(300台)

所在地

〒078-2225 北海道雨竜郡沼田町字幌新377番地

お問い合わせ

ほろしん温泉ほたる館

Webフォーム 01643511880164351188

  1. ホーム
  2. スポット
  3. ほろしん温泉ほたる館