• スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル

幕別町ふるさと館

 水田が盛んだった明治後半から昭和40年代。幕別町の歴史を語る上で絶対に欠かせないのは途別地区の水田です。十勝開拓の祖・依田勉三氏は「失敗続きの成功者」と伝えられていますが、唯一成功したのが途別農場の水田でした。当時の航空写真を見ると、途別地区一帯に水田が広がっているのがわかります。また、同じ時期に西猿別地区でも水田が造成されており、幕別町は、大正初期から戦後にかけて日本の主食に大きな役割を果たしていたことになります。開拓者の生命をつないだ貴重な民家と道具類・・・ふるさと館には、その当時の小作人が住んでいた「きまり小屋」(実物を館内に移築)が展示されています。この小屋の名前は「6坪の〝決まりきった大きさ〞の家が十数戸建っていた」ということから、そう呼ばれていたと伝えられています。
 開拓時代に田畑を掘り起こした鍬や、うっそうと茂る木々を切り倒したのこぎりと斧、バター製造の歴史を刻むバターチャーン(牛乳をかき混ぜる道具)など、ふるさと館に展示されている資料と生活用品はどれも歴史を語る貴重な財産です。

幕別町観光物産協会 幕別町

営業時間

開館時間 9時~17時

定休日

月・火休館 (月・火が祝日の場合は開館し、翌水曜日休館)

料金

入館料 大人(高校生以上)200円 小・中学生100円

所在地

幕別町依田384-3

お問い合わせ

幕別町ふるさと館

0155563117

※掲載情報は2021年3月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。


  1. ホーム
  2. スポット
  3. 幕別町ふるさと館