• スポットタイトル

白い道

宗谷丘陵の中にある「白い道」は、稚内フットパスである「宗谷丘陵フットパスコース(全長約11㎞)」のゴール側(宗谷地区側)約3㎞にわたり稚内の名産である“ホタテ”の貝殻を砕いて敷き詰めてできた道となっております。
平成23年(2011)にはじめて敷き詰めて以来、青い空と海、緑の草花と白い道のコントラストが素晴らしく、まるで日本ではないかのような景観が話題となり、近年SNSをはじめ人気を増している稚内の観光スポットです。
57基に及ぶ風車群や、遠くにサハリン(旧樺太)を望む他、利尻山や北海道遺産の周氷河地形が360度に広がる様子は一見の価値があります。

稚内観光情報

定休日

冬季間通行止(11月頃~5月下旬頃)

料金

無料

所在地

稚内市大字宗谷村字宗谷

アクセス

JR稚内駅よりバス(天北宗谷岬線)で約40分「宗谷」下車、徒歩5分~
JR稚内駅から車で約1時間

※一般車両も通りますので、歩行の際にはご注意ください。なお、車両を妨げるような駐車、牧草地への侵入はご遠慮ください。

※掲載情報は2021年3月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。


  1. ホーム
  2. スポット
  3. 白い道