子どもとSDGsも学べる!エコロジーテーマガーデン「えこりん村」の魅力とは?|Domingo

子どもとSDGsも学べる!エコロジーテーマガーデン「えこりん村」の魅力とは?

恵庭市

スポット

恵庭市にある「えこりん村」は、総面積150ヘクタールを誇るエコロジーテーマガーデン。その壮大な敷地には見どころがいっぱい!今回はその一部をご紹介します!

えこりん村はほぼ無料で利用できる施設ですが、有料でもぜひおすすめしたいのが「銀河庭園&みどりの牧場」。銀河庭園というスケールの大きな名の通り、季節ごとに絵物語を紡いでいくような自然への畏敬と感謝が込められたガーデンです。世界屈指のガーデンデザイナーが手がけ、花に詳しくなくても見惚れるような景色が広がっています。

写真提供:えこりん村

人気の高いダリアウィークは、9月中旬から10月中旬。丸い鞠のような愛らしいダリアが、訪れる人を笑顔にしてくれます。カラフルなビタミンカラーは、見ているだけで元気をもらえそう!

写真提供:えこりん村

ダリアと並んで大人気のバラが見頃を迎えるのは、6月下旬から7月中旬のローズウィーク。溢れるほどのバラの美しさと香りが彩り豊かに広がって夏の訪れを教えてくれます。

また、4月下旬から5月上旬にかけてのゴールデンフラワーウィークには、春を告げる水仙が銀河庭園を黄色く染めていきます。銀河庭園は、季節の変化に寄り添いながら私たちを楽しませてくれるのですね。

写真提供:えこりん村

銀河庭園を堪能した後は、みどりの牧場も覗いてみましょう!チケットを持っていれば、両方の施設を何度でも出入りできます。

アルパカやラマ、ミニチュアホースなど沢山の動物と出会える、みどりの牧場。一番の見どころは、「みどりの牧場ショー」です。牧羊犬とハンドラーが息を合わせて、羊の群れを観客の目の前まで連れてきてくれます。動物と人との信頼関係に感動し、思わず拍手喝采!

さらに、えこりん村には世界一に認定された「とまとの森」もあるんです!2013年に「世界一大きなトマトの木」として認定され、毎年たった1粒の種から1万数千個のトマトが実を結びます。こちらは入場無料で見学できます。

いろいろ見て回ってお腹が空いた時は、えこりん村内で食事をしましょう!レストランでゆっくり味わうも良し、ホームページから事前に予約をしてBBQハウスでバーベキューするも良し。レストランは「パスタと本格薪窯ピザ らくだ軒」と「森のレストラン Ten-Man」がありますが、今回は銀河庭園のすぐ隣にあるTen-Manにお邪魔します。

Ten-Manは、えこりん村産ローストポークと旬の野菜をふんだんに使ったビュッフェレストランです。自然にたっぷり触れられる施設だからこそ、その恩恵をしっかり感じることができるはず。自然の恵みでお腹をいっぱい満たしてください。

写真提供:えこりん村

今回ご紹介したのは、えこりん村のほんの一部。他にもキャンプができたりクラフト体験ができたり…楽しみながら食と農業、環境のつながりを学ぶことができるえこりん村では、子どもたちと一緒にSDGsの取り組みも学ぶことができます。施設によって営業している期間や時間が異なりますので、お出かけ前に公式サイトでチェックしてくださいね。

SPOT えこりん村

■所在地:北海道恵庭市牧場277-4
■問い合わせ先:0123-34-7800
「えこりん村」の詳細をDomingoで見る

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 子どもとSDGsも学べる!エコロジーテーマガーデン「えこりん村」の魅力とは?