藤井聡太竜王と羽生善治九段も喜ぶ北海道各地の名産品をご紹介!「どさんこ名産品PR道場 Supported by Domingo」|Domingo

藤井聡太竜王と羽生善治九段も喜ぶ北海道各地の名産品をご紹介!「どさんこ名産品PR道場 Supported by Domingo」

グルメ

北海道

藤井聡太竜王と羽生善治九段が登壇し話題となった、9月22日(木)「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会 北海道大会開催記念 どさんこ名産品PR道場 Supported by Domingo」。会場で棋士のお二人にプレゼンされた北海道各地の名産品とは、一体どのようなものだったのでしょう?こちらで一気にご紹介します!

「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会 北海道大会開催記念 どさんこ名産品PR道場 Supported by Domingo」の概要、およびアーカイブ動画はDomingoの特設ページからご確認ください。

Domingo特設ページ
https://domingo.ne.jp/article/17975

1.北見市「たまコロ」

北見市は玉ねぎの生産量日本一!「たまコロ」は、じゃがいもやクリームを使わない北見特産の玉ねぎが主役のご当地コロッケ。マヨネーズとツナで味付けしています。甘くてジューシーな味わいは、一度食べるとクセになること間違いなしです。

ご当地コロッケ日本一を決める「全国コロッケフェスティバル」でも2度のグランプリを獲得した この味をぜひおためしください。

株式会社グリーンズ北見
■電話番号:0157-36-3611
■公式HP:http://greenskitami.co.jp/

2.苫小牧市「とまこまいカレーラーメン」

苫小牧市からは、苫小牧市のソールフードとして親しまれている「とまこまいカレーラーメン」をご紹介!カレーラーメンは、1965年に苫小牧市にある「味の大王」で誕生しました。濃厚な豚骨ベースのスープと十数種類の香辛料や果物を練りこんだカレーペーストを混ぜ合わせており、旨味と辛みがマッチしたとろっとスープが特徴的。

現在は苫小牧市のたくさんの店舗でそれぞれがアレンジした「とまこまいカレーラーメン」を味わうことができます。2022年には文化庁の「100年フード」にも認定され、その人気の勢いは止まりません!ぜひ苫小牧で「とまこまいカレーラーメン」をご賞味ください。

とまこまいカレーラーメン振興局
■メールアドレス:info@tcrs.jp
■公式HP:https://tcrs.jp/

3.札幌市「さっぽろスイーツ」

札幌市からは「さっぽろスイーツ」をご紹介。スイーツ王国さっぽろ推進協議会は、札幌市民のアイデアをもとに プロパティシエが独自の発想と技を加えた作品を考案する「さっぽろスイーツコンペティション」を開催し、その年の顔となる「さっぽろスイーツ」を決定してきました。「さっぽろレアチーズカフェ」は2020年&2021年のグランプリ受賞作品です。

レアチーズにコーヒームースとリンゴのシャキシャキ食感が特徴!食材もできるだけ北海道産にこだわった「さっぽろスイーツ」で、至福のひと時をお過ごしください。

ショコラティエマサール本店
■電話番号:011-551-7001
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:毎週火曜
※諸事情により急な営業時間および休業日の変更が生じる場合がございます。
■公式HP:https://masale.jp/

4.旭川市「塩ホルモン」

旭川市からは、旭川が発祥の地とされる塩ホルモンをご紹介!ホルモンと言えば、牛のホルモンを味噌や醤油ベースで食べるのが一般的ですが、旭川では豚のホルモンを塩で味付けするのがスタンダード。市内にはホルモン専門店が数多くあり、庭先でのバーベキューにも欠かせない逸品です。

家庭では野菜炒めや焼きそばの具材としても使用され、ご飯のオカズにもお酒のツマミにもピッタリ。ビタミンが豊富なホルモンはスタミナ食材としても有名で、将棋めしにも最適な一品です。旭川のソウルフード「塩ホルモン」をぜひご賞味ください。

株式会社 米谷産業
■電話番号:0166-22-7637
■公式HP:https://www.rakuten.ne.jp/gold/y-yoneya/

5.帯広市「豚丼」

帯広市からは、十勝・帯広のご当地グルメ「豚丼」をご紹介!昭和初期、汗を流し働く人々の姿を見て「スタミナ料理を提供したい」と帯広市内の食堂で生まれました。お店によってさまざまな肉の焼き方や特徴があらわれる甘じょっぱいタレ、箸で切れるほどの柔らかい豚肉が愛されています。

手軽に食べられ、脳のエネルギー補給に必要なビタミンB1を豊富に含む豚肉をたっぷり使用しているため、勝負めしにもピッタリです!

6.釧路市「つぶ」

つぶ貝で釧路を活性化させたいという思いから、"釧路産つぶ"のブランド化プロジェクト「#946つぶやきたい」が立ち上がりました。末広地区で飲んだ後のシメとして親しまれる「つぶ焼き」やTV番組「料理の鉄人」で知られる坂井シェフがオーナーを務める、南青山のフレンチレストランシェフ監修「つぶクリームコロッケ」はいかがでしょう?

つぶ貝は肝臓の働きを活性するといわれるタウリンが豊富で、元気な毎日を過ごすため身体のパワーチャージにも欠かせません。

マルカツグループ
■電話番号:080-1891-3400

7.函館市「スマホ朝市」

函館市からは、海産物をはじめとしたありとあらゆる味覚が集まる食のワンダーランド朝市の厳選商品を手軽に買うことのできる「スマホ朝市」をご紹介!スマホ朝市は、朝市や市場の厳選商品を販売したい店舗と購入したいお客様をつなげるサービスです。

地域市場の店主が厳選した商品やメニューをはじめ、店員さんイチオシの限定商品や特別メニューなど掘り出しものなど盛りだくさん!函館の食の魅力を再発見することができます。

函館朝市協同組合連合会
■電話番号:0120-858-313
■公式HP:https://hakodate-asaichi.jp/home?pageNo=1


  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 藤井聡太竜王と羽生善治九段も喜ぶ北海道各地の名産品をご紹介!「どさんこ名産品PR道場 Supported by Domingo」