• スポットタイトル

幌満峡

日高山脈を源に、太平洋に注ぎ込む幌満川。その中下流域の約8kmは、アポイ山塊(ピンネシリ~アポイ岳)の東を沿うように続く自然渓谷で、幌満峡と呼ばれています。アポイ岳と同じ「かんらん岩」がつくる渓谷で、そのためか流れは一様に碧く、針広混交林の山肌とともに、美しい景観をつくっています。特に、秋は紅葉が美しく、知る人ぞ知る名所です。また、途中には、70年以上の歴史をきざむ水力発電所もあり、産業遺産としての顔ももっています。舗装道路は河口から2kmまでで、その奥は道幅の狭い砂利道ですが、道路脇に退避スペースもところどころに用意されているので、乗用車でも通行が可能です。

北海道ひだか観光ナビ

定休日

[紅葉時期]10月中旬から11月上旬

駐車場

林道脇に駐車スペースあり

所在地

北海道様似郡様似町 幌満峡

アクセス

・札幌から国道36号線または道央道・日高道を通り、国道235号線、236号線、336号線を進み、様似町字幌満の国道で左折(看板あり)。道なりに約10分。途中から砂利道。様似町役場から車で30分
・旧JR日高本線様似駅からタクシーで30分

お問い合わせ

様似町役場商工観光課

0146362120

※掲載情報は2021年3月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード