札幌や岩見沢等からのアクセス抜群!気軽に遊びに行けちゃうまち南幌町って?|Domingo

札幌や岩見沢等からのアクセス抜群!気軽に遊びに行けちゃうまち南幌町って?

まち

南幌町

Domingo×道内市町村コラボ企画、第7弾となる今回は「南幌町(なんぽろちょう)」に密着! まちの楽しみ方や、とっておきの特産品に関する情報を4週に渡ってお届けします。 南幌町は、石狩平野に位置するまち。夕張川、千歳川に囲まれ、岩見沢市、長沼町、北広島市、江別市に接しています。札幌市からも32kmと近く、近隣市町村からのアクセスがとてもよい町です。

【画像の名前】

他市町村へのアクセスがよい上、基幹産業は農業。夏には見渡す限りの緑が広がる暮らしやすい町であることから、コロナ禍で在宅勤務が広がっている今、注目が集まっている町なのです。
南幌町役場で広報を担当する工藤剛(くどう・つよし)さんと、観光を担当する渡辺大雅(わたなべ・たいが)さんに、南幌町のことを教えてもらいました!

【画像の名前】

まちづくり課 工藤さん(左)と産業振興課 渡辺さん(右)

今回の記事では、おすすめグルメとスポットを中心に、南幌町の魅力をご紹介します!

南幌町ってどんなまち?

南幌町が位置しているのは、ここ!

江別市や北広島市、岩見沢市からは車で30分圏内、札幌市や新千歳空港からも1時間圏内と、他の市町村からのアクセスがいいことも南幌町の魅力。南幌町に住み、近隣の市町村に通勤・通学しているという方も多いのだそう。
南幌町の基幹産業は、農業。山や海がなく、広大な平地が広がっている南幌町では米や小麦、野菜の生産が盛んです。特に南幌町の「とうもろこし」と「きゃべつ」はとってもおいしいと大人気です。

【画像の名前】

いまでこそ一般的になった、「白いとうもろこし」ですが、南幌町での栽培が始まったのは20年ほども前のこと。道内で初めて白いとうもろこし「ピュアホワイト」を生産したのだといいます。生で食べられる甘くて白いとうもろこしのルーツは、南幌町にあったのです。

【画像の名前】

南幌町には隠れた名物がたくさん!おいしいグルメを探しに出かけよう

南幌町観光担当の渡辺さんに、「南幌町に来たらぜひ食べて欲しいグルメ」を3つ教えていただきました!

①シャキシャキのキムチが良いアクセントに!キャベツキムチらーめん

まず1つ目は、南幌町特産、甘みと旨味の強いおいしいキャベツでできたキャベツキムチがたっぷりのったキャベツキムチらーめん!

【画像の名前】

南幌町ならではのキャベツキムチがトッピングされたらーめんが食べられるお店は町内にいくつかあるので、いろんな店舗で食べ比べをしてみるのも楽しいかもしれません。
食べて帰る時間がなくてもご安心を!本格的なキムチがついた「なんぽろキムチラーメン」を買って帰れば、お家でも本格的なキムチラーメンを楽しむことができますよ。

【画像の名前】

旧パッケージ

●キャベツキムチらーめんが食べられるお店
・ふるさと物産館「ビューロー」(軽食コーナー)
所在地:空知郡南幌町中央1丁目2-22
【営業時間】11:00~14:00 【定休日】毎週水曜日 【TEL】011-378-7020 
・南幌らーめんきらら
所在地:空知郡南幌町西町3-5-14
【営業時間】11:00~15:00 【定休日】不定休 【TEL】011-378-1195
・レストラン 味心(なんぽろ温泉ハート&ハート内)
所在地:北海道空知郡南幌町南9線西15番地
【営業時間】11:30~14:30 / 17:00~19:30 【定休日】不定休 【TEL】011-378-1126

●キャベツキムチを販売しているお店
・ふるさと物産館「ビューロー」観光協会特販所
所在地:空知郡南幌町中央1丁目2-2-22
【営業時間】8:30~17:00 【定休日】年末年始(12月31日~1月5日) 【TEL】011-378-7020

②南幌町産のキャベツをたっぷりかき揚げに!キャベツ天丼

2つ目のおすすめは、南幌町のグルメといえば思い浮かべる方も多いであろう「キャベツ天丼」!

【画像の名前】

こちらも南幌町特産のキャベツをたっぷり使ったメニューです。手のひらサイズのキャベツのかき揚げが3枚とエビ天がのっている天丼のボリュームに驚いたという方も多いかもしれません。
食べきれなくても、お持ち帰りすることができるそうなので、一度試してみてください。

詳しくはこちらの記事も読んでみてくださいね。

・レストラン 味心(なんぽろ温泉ハート&ハート内)
所在地:北海道空知郡南幌町南9線西15番地
【営業時間】11:30~14:30 / 17:00~19:30 【定休日】不定休 【TEL】011-378-1126

③海がない町だけど新鮮な海鮮が食べられる!ことぶきや

3つ目にご紹介するのは、海がない南幌町内で新鮮な海鮮が楽しめるお店「ことぶきや」です。

【画像の名前】

2階のお食事どころではランチから宴会まで、新鮮な海鮮をゆっくりと楽しむことができます。
また1階には直売コーナーがあり、厚岸漁港や根室漁港から直送された新鮮で厳選された牡蠣や蟹を購入することが可能なので、キャンプやドライブの際に立ち寄るのもおすすめです!

・旬鮮漁港直送 ことぶきや
所在地:空知郡南幌町中央4-8-1
【営業時間】1F直売コーナー:10:00~18:00 2Fレストラン11:00~15:00(ラストオーダー14:30) 【定休日】毎週水曜日 【TEL】011-398-9433

お土産におすすめ!おうちで南幌町を楽しもう

なかなか外にお出かけできない今、お家で南幌のおいしいものを楽しみたい!そんな方におすすめのおいしいお土産をご紹介!

①キャベツの甘みと唐辛子のぴりっとした辛さがたまらない!キャベツキムチ

まず1つ目は、南幌町特産、甘みと旨味の強いおいしいキャベツでできたキャベツキムチがたっぷりのったキャベツキムチらーめん!

【画像の名前】

南幌町産の甘味と旨味の強いキャベツを、韓国産の唐辛子など本格的な香辛料で漬けたのがこの南幌キャベツキムチ!

【画像の名前】

キャベツそのものの甘みと、唐辛子の辛さがベストマッチ!口に入れた瞬間は辛さを感じますが、噛めば噛むほど「キャベツの甘さとシャキシャキ感」が感じられ、食べ始めたら箸が止まらないキムチです。

・ふるさと物産館「ビューロー」観光協会特販所
所在地:空知郡南幌町中央1丁目2-2-22
【営業時間】8:30~17:00 【定休日】年末年始(12月31日~1月5日) 【TEL】011-378-7020

②秘伝の生タレで漬け込んだ柔らかいお肉!なんぽろジンギスカン

【画像の名前】

昭和39年から伝統を守り続けた、醤油ベースに果物や十数種類の香辛料を使用し加熱処理しない秘伝の生タレで甘めに味付け。防腐剤や保存料なども一切使用していません。オーストラリア産の肉の中でも質の良い厳選したものを使用し、余分な脂や骨、筋をきれいに処理し製品として加工しています。
ジンギスカンにはマトンロースとラムが選べるほか、ホルモンも塩と味噌の2種類販売しているのでお好みに合わせて購入してみてくださいね。セットもおすすめ!

・ふるさと物産館「ビューロー」観光協会特販所
所在地:空知郡南幌町中央1丁目2-2-22
【営業時間】8:30~17:00 【定休日】年末年始(12月31日~1月5日) 【TEL】011-378-7020
・なんぽろジンギスカン オンラインショップ

冬でも遊べる!南幌町で寄り道したいスポット

冬の今だからこそ、南幌町で寄り道して楽しみたいスポットを渡辺さんに教えていただきました!

①なんぽろ温泉ハート&ハート

まず、なんといっても外せないのがなんぽろ温泉ハート&ハート。3つの泉質のお風呂があり、サウナも楽しむことができます。宿泊施設が一体となっているのでゆっくり宿泊するもよし、10:00~21:00まで可能な日帰り入浴で体を温めるもよしです。

【画像の名前】

源泉かけ流しの天然温泉は「熱の湯」とも呼ばれ、体が芯から温まります。寒い日の多い今年の冬にうってつけの温泉ですね。
そのほか、ラドン泉や酵素風呂もあるので、体を癒す様々な効果が期待できます!

【画像の名前】

・なんぽろ温泉ハート&ハート
所在地:北海道空知郡南幌町南9線西15番地
【TEL】011-378-1126

②冬はワカサギ釣りが楽しめる!三重湖公園キャンプ場 / なんぽろ親水公園

南幌町には、冬の風物詩ワカサギ釣りが楽しめるスポットが2つあります。

【画像の名前】

【画像の名前】

夏の三重湖では水辺でのゆったりとしたキャンプ、なんぽろ親水公園ではヘラブナ釣りが楽しめるので、季節ごとに違った楽しみ方ができるスポットです。

【画像の名前】

・三重湖公園キャンプ場
所在地:空知郡南幌町南13線西3番地
【TEL】011-378-1270
・なんぽろ親水公園
所在地:空知郡南幌町南9線西14番地

③ふるさと物産館「ビューロー」

【画像の名前】

丸い塔の上部、360度窓ガラスが囲んでいるビューローの5階は、だれでも気軽に入ることができる展望台からは、南幌町全体を見渡すことができるんです!
遠くに見える山々やまちでの暮らしの様子など、方角によって見える景色が違っていて、南幌町を俯瞰してみることができる素敵なスポットです。

【画像の名前】

・ふるさと物産館「ビューロー」
所在地:空知郡南幌町中央1丁目2-22
【開館時間】6:30~21:00 【定休日】年末年始(12月31日~1月3日)6:30~21:00 【TEL】011-378-7010 

番外編!自分の好きな景色を写真に残そう

南幌町は平地が広がっており、冬や一面に降り積もった雪が、夏は一面に広がる畑や田んぼが魅力的な風景を作り出します。また、空が広く風も強いので星空が綺麗に見える日が多いのだとか。
そんな素晴らしい風景を、あなたなりに写真に収めることができるスポットを探してみるのもオススメだそうですよ!

【画像の名前】

【画像の名前】

【画像の名前】

冬の南幌町を楽しんで!南幌町役場からメッセージ

南幌町は、札幌や江別、苫小牧などの都市圏から、とてもアクセスがいいまちです!家事や仕事ですこし疲れたなあと感じたら、心と体を癒しに南幌町に遊びに来てみて下さい!

【画像の名前】

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 札幌や岩見沢等からのアクセス抜群!気軽に遊びに行けちゃうまち南幌町って?