かわいいおみくじに御朱印帳も!緑豊かな「帯廣神社」に心和む|Domingo

かわいいおみくじに御朱印帳も!緑豊かな「帯廣神社」に心和む

帯広市

スポット

帯広市民にとっては、誰もが一度は訪れたことのある「帯廣神社」。言わば、札幌市民にとっての北海道神宮のような存在です。観光で帯広を訪れた人はあまり「帯廣神社に行こう」という発想にはならないかもしれませんが、実は旅の途中にこそ立ち寄ってほしいポイントがいくつかあるのです。きっと心癒されるはずですよ。

帯廣神社の歴史は、明治時代にまで遡ります。開拓から間もない頃、帯廣神社と称された祠の前で祭礼が営まれた……という記録が残っているのだとか。明治43年(1910)に札幌神社(現・北海道神宮)より御分霊を授かり、別表神社にも選定されている由緒正しき神社なのです。ちなみに現在の社殿は、昭和54年(1979)に造設されました。
実際に訪れてみて驚くのは、その広さでしょう。道内の神社の中で5番目の広さを誇り、敷地面積はなんと約1万坪。昭和49年(1974)には、北海道の環境緑地保護地区にも指定されています。緑豊かな境内は、その場に立つだけで心が浄化されていくようです。

(写真提供:帯廣神社)


自然豊かな帯廣神社には、ハルニレ、クルミ、カツラなどの大径木が自生しています。さらには野鳥や小動物なども多く生息していて、運が良ければ、人気のシマエナガにも遭遇できるかもしれません。もし見ることができなくても、がっかりしないで! そんな時には帯廣神社の御朱印帳をおすすめします。なんともかわいいシマエナガ柄なのです。
さらにシマエナガのマスコットが付いてくる、オリジナルのおみくじもかわいくて好評です。
おみくじと言えば、北海道ご当地みくじシリーズ「えぞみくじ」もおすすめ。北海道弁で書かれるユニークなえぞみくじはお土産としても人気で、ここ帯廣神社では帯広名物の鮭をモチーフにしたマスコットが付いてきます。
明治時代より、帯広の街の発展と共に地元民から親しまれてきた帯廣神社。豊かな自然に囲まれながら参拝するのは、なかなか気持ちのいいものです。観光で訪れた人も、きっと旅の疲れをリフレッシュできるはず。もちろん、かわいいおみくじや御朱印帳といったお楽しみもお忘れなく!

帯廣神社
所在地:北海道帯広市東3条南2丁目1番地
電話:0155-23-3955
公式サイト:http://www.obihirojinja.jp

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード