北海道の七夕はなぜ7月でなく8月?今さら聞けない七夕の謎に迫る!|Domingo

北海道の七夕はなぜ7月でなく8月?今さら聞けない七夕の謎に迫る!

北海道

歴史

「7月7日、本日は七夕です!」とニュースから聞こえてきますが、北海道では一般的に8月7日が七夕とされています。 道民の方はかつてテレビを見ていて「なんで北海道だけ違うの?」と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ちなみに函館や根室など、北海道の中でも一部の地域では7月7月が七夕とされていて、一方東北の仙台七夕まつりは8月と地域によって違いがあるようです。 一体なぜ、このような違いが生まれたのでしょうか?

七夕(たなばた/しちせき、棚機)は、中国・日本・韓国・台湾・ベトナムなどにおける節供・節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。星祭り(ほしまつり)という。

(七夕節句とはいうが、二十四節気に関連する節月ではなく、暦月の)旧暦7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦(日本におけるグレゴリオ暦導入)以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。
日本の七夕祭りは、新暦7月7日や、その前後の時期に開催されている。

七夕
『ウィキペディア フリー百科事典日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
最終更新 2021年7月6日 (火) 22:02 (日本時間)

元々は旧暦の7月7日を七夕としていたものの、旧暦を現在の暦に置き換えたときに1か月近く日付がずれるので、7日を残して月遅れの8月7日を七夕としたところが多かったようです。

お盆も7月に行うところと8月に行うところがあるのは、この旧暦と新暦による違い。函館や根室は、七夕もお盆も7月に行われています。

みなさんの謎が解けましたか?
Domingo編集部は、短冊に込めたみなさんの想いが叶いますように祈っています…!

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 北海道の七夕はなぜ7月でなく8月?今さら聞けない七夕の謎に迫る!