【釧路・根室近郊ドライブ】おすすめスポット20選!雄大な自然を満喫しよう!|Domingo

【釧路・根室近郊ドライブ】おすすめスポット20選!雄大な自然を満喫しよう!

釧路湿原に代表される雄大な自然と生き物の姿がみられる釧路・根室エリア。そんな絶景を満喫できる釧路・根室近郊のおすすめドライブスポットをご紹介します!

1. マリモで有名な北海道を代表する湖「阿寒湖(釧路市)」
2. 世界的にも希少な丹頂鶴の自然公園「釧路市丹頂鶴自然公園(釧路市)」
3. アイヌの人々の日常の暮らしと貴重な文化を体験「阿寒湖アイヌコタン(釧路市)」
4. 周辺には展望台やキャンプ場も「霧多布岬(浜中町)」
5. 最も早く朝日と出会える「納沙布岬(根室市)」
6. 大人も子供も楽しめる施設「釧路市こども遊学館(釧路市)」
7. 季節によって様々な花が咲き乱れる「琵琶瀬木道(浜中町)」
8. 100種類以上の植物を鑑賞することができる「原生花園あやめヶ原(厚岸町)」
9. 地元で穫れた野菜が購入できる「道の駅 摩周温泉(弟子屈町)」
10. 釧路湿原西縁において最も大きい遺跡「史跡北斗遺跡(釧路市)」
11. 太平洋と厚岸湾を一望「尻羽岬<シレパ岬>(釧路町)」
12. ドライブの合間の休憩に「道の駅 阿寒丹頂の里<クレインズテラス>(釧路市)」
13. 気軽に温泉気分「阿寒湖発祥の手湯(釧路市)」
14. 阿寒湖のマリモを観察「マリモ展示観察センター(釧路市)」
15. 厚岸の食べる・遊ぶ・買うがそろう「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ(厚岸町)」
16. 幻想的な空間で釧路の歴史や文化を堪能「釧路市立博物館(釧路市)」
17. 日本100名城のひとつ「根室半島チャシ跡群(根室市)」
18. 釧路に現存する最古の木造民家「米町ふるさと館(釧路市)」
19. 幻想的な風景が広がる「ナラワラ(別海町)」
20. 「北海道」の名づけ親「松浦武四郎詩碑(釧路市)」

1.マリモで有名な北海道を代表する湖「阿寒湖(釧路市)」

spot1

阿寒湖は阿寒摩周国立公園内のカルデラ湖で、北海道を代表する観光地です。4つの島があり、世界的にも希少な、特別天然記念物である球状「阿寒湖のマリモ」が生育することでも有名です。南岸には温泉街が広がり、観光客や釣り人たちで賑わいます。

■駐車場:あり(周辺の有料駐車場をご利用ください)
■所在地:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
■アクセス:JR釧路駅より車で約80分 / 釧路空港より車で約60分
■お問い合わせ:阿寒観光協会まちづくり推進機構 0154-67-3200
「阿寒湖(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

2.世界的にも希少な丹頂鶴の自然公園「釧路市丹頂鶴自然公園(釧路市)」

spot2

1970年に世界で初めてタンチョウの人工ふ化に成功した、世界的にも希少な丹頂鶴の自然公園です。特別天然記念物のタンチョウが自然に近い環境で常時10羽ほど飼育され、年中いつでも観察できることが魅力です。4~6月はヒナに会える可能性もあり、なかなか見ることのできないタンチョウの子育ての様子をご覧いただけます。

■営業時間:4月10日~10月14日 9:00~18:00 / 10月15日~4月9日 9:00~16:00
■定休日:年末年始
■一般(高校生以上)480円 / 小中学生110円
■駐車場:あり
■所在地:釧路市鶴丘112
■アクセス:JR釧路駅より車で約28分 / 釧路空港より車で約10分
■お問い合わせ:釧路市丹頂鶴自然公園 0154-56-2219
「釧路市丹頂鶴自然公園(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

3.アイヌの人々の日常の暮らしと貴重な文化を体験「阿寒湖アイヌコタン(釧路市)」

spot3

先住アイヌ民族の伝統的古式舞踊が見学できる専用の劇場や、芸術的な木彫の民芸品が並ぶお土産店・アイヌ料理が味わえる飲食店などが立ち並び、アイヌの人々の日常の暮らしと貴重な文化を一度に体験することができます。

■営業時間:施設・店舗により異なる
■定休日:施設・店舗により異なる
■料金:無料(阿寒湖アイヌシアター「イコㇿ」など一部施設有料)
■駐車場:あり(アイヌコタン内に無料の駐車スペースがあります)
■所在地:釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19
■アクセス:JR釧路駅より車で約80分 / 釧路空港より車で約60分
■お問い合わせ:阿寒アイヌ工芸協同組合 0154-67-2727
「阿寒湖アイヌコタン(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

4.周辺には展望台やキャンプ場も「霧多布岬(浜中町)」

spot4

霧多布岬(きりたっぷみさき)は正式には湯沸岬(とうふつみさき)といい、トッカリ(アザラシ)を見かけることからトッカリ岬とも呼ばれています。標高40〜60メートルのテーブル型の霧多布半島の東側に位置し、周辺には展望台・キャンプ場もあり、いこいの広場としても最適です。展望台からは、アザラシのいる帆掛岩、浜中湾越しに奔幌戸、貰人の絶壁、海岸線等を臨むことができます。

■所在地:厚岸郡浜中町湯沸33番地
■お問い合わせ:浜中町役場 商工観光課 観光係 0153-62-2239
「霧多布岬(浜中町)」の詳細をDomingoで見る

5.最も早く朝日と出会える「納沙布岬(根室市)」

spot5

納沙布岬は最東端の岬で、最も早く朝日と出会えるところとして有名です。岬の先端に建つ納沙布岬灯台は、明治5年に点灯された北海道で最古の灯台。周辺には、北方領土や根室の観光・物産などを紹介している「望郷の家」や「北方館」、「観光物産センター」のほか「平和の塔」をはじめとした土産店や食堂が軒を連ねています。

6.大人も子供も楽しめる施設「釧路市こども遊学館(釧路市)」

spot6

陽の光が差すガラス張りの近未来的な建物の中には、子どもたちが科学や宇宙について学べる科学館と、体を使って思いっきり遊べる児童館が入っており、。雨の日や冬でも楽しめる大きな屋内型の砂場もあります。季節に合わせたイベントも盛りだくさんで、家族連れで楽しむことができる施設です。

■営業時間:9:30~17:00
■定休日:月曜日 / 年末年始
■料金:
展示室観覧料:大学生・一般600円 / 高校生240円 / 小・中学生120円
プラネタリウム観覧料:大学生・一般480円 / 高校生180円 / 小・中学生120円
■駐車場:あり
■所在地:釧路市幸町10-2
■アクセス:JR釧路駅より徒歩8分 / 釧路空港よりバスで約45分
「釧路市こども遊学館(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

7.季節によって様々な花が咲き乱れる「琵琶瀬木道(浜中町)」

spot7

片道が約500mある琵琶瀬木道では、広大な湿原の中を歩きながら四季折々の姿を見ることができます。中でも夏のエゾカンゾウの群落はとても美しく、時期によって様々な花を楽しむことができます。

■所在地:厚岸郡浜中町仲の浜122
■お問い合わせ:浜中町役場 商工観光課 観光係 0153-62-2239
「琵琶瀬木道(浜中町)」の詳細をDomingoで見る

8.100種類以上の植物を鑑賞することができる「原生花園あやめヶ原(厚岸町)」

spot8

標高100mの位置にあり広さ約100haの広大な原生花園。中央には散策路があり、約30万株のヒオウギアヤメをはじめ、ハクサンチドリやキンポウゲなど100種類以上の植物が鑑賞できます。

■所在地:厚岸郡厚岸町末広321
■お問い合わせ:観光商工課 観光係 0153-52-3131
「原生花園あやめヶ原(厚岸町)」の詳細をDomingoで見る

9.地元で穫れた野菜が購入できる「道の駅 摩周温泉(弟子屈町)」

spot9

弟子屈町内で最も充実した観光情報を提供しているのが、道の駅摩周温泉です。パンフレットやショップカードも町内一の品揃え。構内では地場産品の野菜やお菓子など弟子屈町に根差した商品が販売されており、外には足湯もあるので旅の疲れをゆっくりと癒すことができます。

■営業時間:5月~10月 8:00~18:00 / 11月~4月 9:00〜17:00
■定休日:年中無休
■所在地:弟子屈町湯の島3丁目5番5号
■アクセス:JR摩周駅より車で5分 / 徒歩で25分
■お問い合わせ:道の駅 摩周温泉 015-482-2500
「道の駅 摩周温泉(弟子屈町)」の詳細をDomingoで見る

10.釧路湿原西縁において最も大きい遺跡「史跡北斗遺跡(釧路市)」

spot10

史跡北斗遺跡は旧石器時代から縄文・続縄文・擦文時代までの長い歴史が刻まれています。釧路湿原を望む標高20mに位置し、合わせて300以上もの竪穴が残されており、当時の火の焚き跡や貝塚・栽培植物の種子など生活の様子も発見されています。広場にはいくつかの住居が復元されているため、当時の生活の様子を垣間見ることもできます。

■営業時間:4月16日~11月15日 10:00~16:00
■定休日:月曜日(月曜が祝祭日の場合は開館)
■休業期間:11月16日〜4月15日
■料金:無料
■駐車場:あり(20台)
■所在地:釧路市北斗6-7
■アクセス:JR釧路駅より車で約27分 / 釧路空港より車で約18分
■お問い合わせ:史跡北斗遺跡 0154-41-5809
「史跡北斗遺跡(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

11.太平洋と厚岸湾を一望「尻羽岬<シレパ岬>(釧路町)」

spot11

岬の前方には、厚岸湾が広がり、右崖下には帆掛岩を見下ろすことができます。夏には足元に花々が咲き乱れ、眼下には太平洋と厚岸湾を一望できます。運がよければ、道東沿岸にすむゼニガタアザラシを帆掛岩付近で見ることができるかも知れません。

■アクセス:シレパ駐車場から岬の先端まで徒歩20分程度
■所在地:釧路郡釧路町
「尻羽岬<シレパ岬>(釧路町)」の詳細をDomingoで見る

12.ドライブの合間の休憩に「道の駅 阿寒丹頂の里<クレインズテラス>(釧路市)」

spot12

観光案内所が併設された建物は釧路産カラマツが豊富に使われ、明るくさわやかな雰囲気です。地元産の農畜産加工品から菓子、クラフト製品まで幅広く販売。軽食喫茶コーナーもあるので、気軽にひと休みができます。

■営業時間:5月~9月 9:00~18:00 / 10月~4月 9:00~17:00
■駐車場:あり
■所在地:釧路市阿寒町上阿寒23-36-1
■アクセス:JR釧路駅より車で約45分 / 釧路空港より車で約20分
■お問い合わせ:道の駅 阿寒丹頂の里 0154-66-2969
「道の駅 阿寒丹頂の里<クレインズテラス>(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

13.気軽に温泉気分「阿寒湖発祥の手湯(釧路市)」

spot13

阿寒湖温泉街には、現在全国各地に広がった手湯の発祥とされる場所があります。そのうちの一つ「かと里民芸店」隣の手湯は、岩造りの湯つぼです。またその近くの民芸品店「歓光堂」前にはニレの木の洞に温泉をためた「梟(ふくろう)の手湯」もあります。

■料金:無料
■駐車場:あり(周辺の有料駐車場をご利用ください)
■所在地:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
■アクセス:JR釧路駅より車で約80分 / 釧路空港より車で約60分
■お問い合わせ:阿寒観光協会まちづくり推進機構 0154-67-3200
「阿寒湖発祥の手湯(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

14.阿寒湖のマリモを観察「マリモ展示観察センター(釧路市)」

spot14

阿寒湖のマリモは国の特別天然記念物に指定されており、現在は気軽に自然の状態では見ることが出来ません。「マリモ展示観察センター」では阿寒湖のマリモの観察や生態を学ぶことが出来ます。マリモの群生地に設置された水中カメラからのマリモの様子や、湖底をイメージした水槽で実物のマリモをじっくりと見ることができます。

■営業時間:6:00〜18:00 ※季節により異なる
■定休日:遊覧船の運行の無い期間は休み
■料金:大人2,000円 / 子供1,040円 ※遊覧船の乗船金額
■駐車場:あり(遊覧船乗車の際は、周辺の有料駐車場をご利用ください)
■所在地:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
■アクセス
JR釧路駅より車で約80分 / 釧路空港より車で約60分 到着後阿寒湖遊覧船に乗船
■お問い合わせ:阿寒観光汽船 0154-67-2511
「釧路市阿寒湖のマリモ展示観察センター(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

15.厚岸の食べる・遊ぶ・買うがそろう「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ(厚岸町)」

spot15

『コンキリエ』とは、イタリア語で貝の形をした食べ物を意味します。「食べる・買う・憩う・知る・集う・考える」の6つの扉をテーマとし、牡蠣をイメージしたその外観はまさにピッタリ。北の海のまち『厚岸』でなければ食べられない牡蠣を中心に、食文化を創る施設です。

■営業時間:4月~9月 9:00〜20:00 / 10月~12月 10:00〜19:00 / 1月~3月 10:00〜18:00
■定休日:月曜日(祝祭日の場合火曜日) ※7月・8月は無休
■駐車場:あり
■所在地:厚岸郡厚岸町住の江2丁目2番地
■アクセス:厚岸駅より徒歩で14分(1.1km) / 厚岸駅より車で3分(1.6km)
■お問い合わせ:厚岸味覚ターミナル コンキリエ 0153-52-4139
「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ(厚岸町)」の詳細をDomingoで見る

16.幻想的な空間で釧路の歴史や文化を堪能「釧路市立博物館(釧路市)」

spot16

特徴的な外観は、地元出身の建築家・毛綱毅曠によるもの。館内では釧路の自然や歴史を余すことなく紹介しています。アイヌ文化についても紹介されており、充実した展示は見ごたえ十分。デザイン性あふれる幻想的な空間で釧路の歴史や文化を堪能できます。

■営業時間:9:30~17:00
■月曜日(祝日等の場合は翌日) / 11月4日~3月末までの祝日 / 年末年始
■料金:大人480円 / 高校生250円 / 小・中学生110円
※マンモスホールは無料
■所在地:釧路市春湖台1-7
■アクセス:JR釧路駅より車で約10分 / 釧路空港より車で約37分
■お問い合わせ:釧路市立博物館 0154-41-5809
「釧路市立博物館(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

17.日本100名城のひとつ「根室半島チャシ跡群(根室市)」

spot17

「チャシ」はアイヌ語で「柵囲い」を意味し、砦、祭祀の場、見張り場など多目的な用途で使われていたとされます。根室市内には32ヶ所のチャシ跡があり、うち24ヶ所は「根室半島チャシ跡群」として国指定史跡に指定されており、日本城郭協会が定める日本100名城のひとつとして選定されています。

18.釧路に現存する最古の木造民家「米町ふるさと館(釧路市)」

spot18

明治33年に当時の海産物商が店舗兼住宅として建てた、釧路に現存する最古の木造民家。その時代の漁業の繁栄が感じられる屋敷内には、米町にゆかりのある石川啄木の資料や明治から大正時代の写真などが展示されています。

■営業時間:5月~9月 10:00~15:00
■定休日:月曜日~木曜日(GW、お盆、クルーズ船寄港時を除く)
■料金:入館無料
■所在地:釧路市米町1-1-21
■アクセス:JR釧路駅より車で約10分 / 釧路空港より車で約45分
■お問い合わせ:米町ふるさと館 0154-41-2032
「米町ふるさと館(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

19.幻想的な風景が広がる「ナラワラ(別海町)」

spot19

フラワーロードと呼ばれている野付半島の道道950線のほぼ中央に、海水で浸食され風化したミズナラなどの木々が立ち枯れたまま林をつくっています。枯れて朽ちていく植物と、そこに羽を休めに飛んでくる鳥たちの相反する生命のコントラストを見ることができます。5月から10月の観察時期に訪れてみるのがオススメ。

■駐車場:あり(50台・野付半島ネイチャーセンター)
■所在地:野付郡別海町 野付
■お問い合わせ:株式会社別海町観光開発公社 0153-82-1270
「ナラワラ(別海町)」の詳細をDomingoで見る

20.「北海道」の名づけ親「松浦武四郎詩碑(釧路市)」

spot20

江戸時代に北海道開拓の基礎を築いた探検家、松浦武四郎は『北海道』の名付け親です。彼が阿寒湖畔を訪れた際に、阿寒湖の豊かな自然に感動した様子が、著書『久摺日誌』に記されています。

■料金:無料
■駐車場:あり(近隣の有料駐車場をご利用ください)
■所在地:釧路市阿寒町阿寒温泉
■アクセス:JR釧路駅より車で約80分 / 釧路空港より車で約60分
■お問い合わせ:阿寒観光協会まちづくり推進機構 0154-67-3200
「松浦武四郎詩碑(釧路市)」の詳細をDomingoで見る

※全ての掲載情報は2021年3月時点のものです。
※全ての掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード