明治時代にタイムスリップ気分!中島公園にたたずむ洋館「豊平館」の楽しみ方|Domingo

明治時代にタイムスリップ気分!中島公園にたたずむ洋館「豊平館」の楽しみ方

札幌市

スポット

すすきのから歩いてすぐの場所にある中島公園。その中の一画に「豊平館」が建っています。豊平館とは、現存する日本国内唯一の木造洋館ホテル。札幌市民も意外と知らない豊平館のあれこれについて、ご紹介していきましょう。

知らない人は、公園を散策していると突如として立派な洋館が現れるので、驚くかもしれません。左右対称、アメリカ風建築様式を取り入れた木造2階地下1階建てで、屋根には8基の煙突、破風飾りには五稜星があしらわれています。
目にも鮮やかな白い外壁と、アクセントとなる縁取りのウルトラマリンブルー。建物自体の洗練された雰囲気に感嘆するばかりですが、実は誰でも内部を見学することが可能です。観覧料を支払って中に足を踏み入れれば、タイムスリップしたような世界が広がります。
明治・大正時代のモダンをそのまま絵に描いたような、和洋折衷の素敵な空間。さらに、美は細部にまで宿ります。たとえば、豪奢なシャンデリアに目を奪われるだけでなく、その吊元にある天井飾りにも注目してみてください。
これは漆喰を盛り付けて立体的に仕上げられた「こて絵」という伝統技術です。部屋ごとに異なり、例えば次の写真の鳳凰をモチーフとしたものなど、見れば見るほどその繊細なつくりに思わず溜め息が出てしまいます。
さて、「こんな豪華な豊平館って、いつ、何のためにつくられたの?」と、気になってきたことでしょう。豊平館が建てられたのは明治13年のこと。

北海道開拓使直営の洋風ホテルとして建築され、明治、大正、昭和と3代にわたり天皇家が訪れた、由緒ある建物なのです。ちなみに次の写真は、明治天皇が宿泊した部屋を再現した空間です。
もともと今のテレビ塔の近くに建てられた豊平館でしたが、昭和33年に現在の中島公園に移築されました。時代の流れの中で利用目的もさまざまに変化し、公民館、進駐軍の宿舎、結婚式場などとして使われてきたこともあったといいます。昭和39年には、国の重要文化財にも指定されています。
こうした豊平館の歴史については、館内で上映されているプロジェクターや展示物などでも見ることができます。また、豊平館では貸室も実施しています。

挙式や講演会やコンサートなど、何か予定のある人は候補のひとつとして検討してみてはいかがでしょう。会議や茶話会など、気軽に利用する人もいるようですよ。
とにかくまずは一度、中に入ってみることをおすすめします。クラシカルで非日常な空間に身を置くだけでも、きっと特別な体験としていい思い出になるはずです。

観光で札幌を訪れた人はもちろん、札幌在住の人もぜひ!

<豊平館>
住所:北海道札幌市中央区中島公園1番20号
電話:011-211-1951
公式サイト:https://www.s-hoheikan.jp

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード