• スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル

ニセコ鉄道遺産群

2021年夏、ニセコ駅隣接地(ニセコ大橋側)にニセコ鉄道遺産群が誕生しました。

この場所には、1953年まで旧簡易軌道真狩線狩太駅や軌道の転車台があり、国鉄との貨物積替場所でもありました。
1990年に「C62ニセコ号」がニセコ駅に乗り入れの際には、同所に旧新得機関区転車台が移設され、日本最大の蒸気機関車C62の方向転換に用いられました。
1995年の同列車廃止後は荒廃していましたが、2014年に鉄道写真家・荒川好夫氏らが手動による転車台の動態化に成功しました。
2017年には井門義博氏により、サッポロビール園で保存されていた蒸気機関車「9643」が同所に移設され、2019年に上屋が設置されて正式に公開されました。
そして、2020年夏。ここに2017年に引退した「ニセコエクスプレス」が保存されます。同車は引退後、クラウドファンディングにより全国各地のみなさまからご支援をいただき、ニセコ町内での保存が実現することになりました。
この「ニセコ鉄道遺産群」は、みなさまの想いが込められて実現したものです。ご来町をお待ちしております。

ニセコ町

営業時間

2022年度の公開:5月28日(土)〜9月25日(日)

料金

無料

所在地

北海道虻田郡ニセコ町字中央通144

お問い合わせ

ニセコ町・有島記念館

0136443245

※掲載情報は2022年8月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。

  1. ホーム
  2. スポット
  3. ニセコ鉄道遺産群