• スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル
  • スポットタイトル

モエレ沼公園

モエレ沼公園でアートとカメラを楽しむ“おさんぽ旅”

彫刻家イサム・ノグチにより、公園全体が一つの彫刻作品として設計されたモエレ沼公園。元廃棄物処理場が、23年の歳月を経て札幌を代表するアートパークとして再生しました。その雄大な姿は「大地の彫刻」と呼ばれ、訪れる時間や移り変わる季節によって、様々な表情を見せてくれます。

春…サクラの森でお花見。約2,300本のサクラが植樹されているサクラの森。森の中には7つの遊具エリアがあり、イサム・ノグチがデザインした遊具126基が設置されている。子どもが思う存分遊べる、家族連れに人気の花見スポット。

夏…モエレビーチで水遊び。ノグチが海辺をイメージしてデザインした、珊瑚で舗装された「モエレビーチ」。ごく緩やかな、すり鉢状の浅い水遊び場だ。3ヵ所の噴き出し口から湧き出した水は、波紋を描きながら消えてゆく。

秋…一流花火師の花火を見よう。広大な敷地を生かし、花火と音楽をシンクロさせた「モエレ沼芸術花火」が開かれるのは秋。国内各地の花火師が集結し、日本の伝統と最新技術を駆使した空のアートを間近で観賞できる。※花火は有料(詳しくは公式ホームページをチェック)

冬…ソリやスノーシュー、歩くスキーをレンタルできる。冬のモエレ沼公園は人気の雪遊びスポット。ガラスのピラミッド1Fにあるショップでは、ソリ、長靴、スノーシュー、クロスカントリースキーなどをレンタルできる。モエレ山頂上から眺める札幌の雪景色も格別。

また、モエレ沼公園は、アートやレジャーを楽しめる他、近年ではカメラを楽しむ方たちも注目するスポット。カメラを片手にあなたのとっておきの一枚を撮りにでかけませんか?

札幌観光協会 モエレ沼公園

営業時間

■ゲート開放時間
東入口ゲート:7:00~22:00(入場は21:00まで、通年)
西入口ゲート:7:00~19:00(4月20日~11月20日)
南入口ゲート:7:00~19:00(4月16日~11月20日) ※スポーツ施設の予約状況により早朝開放あり

定休日

無し
※園内各施設は定休日あり

料金

入園無料

駐車場

あり(無料)

所在地

北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

アクセス

・札幌市中心部から、車で約30分
・中央バス(東69・東79)で「モエレ沼公園東口」下車、すぐ
※上記のほか、地下鉄南北線「麻生駅」、地下鉄東豊線「栄町駅」、大通バスセンター、JR苗穂駅から「モエレ沼公園」行き期間限定バスが運行。詳細は関連サイトへ。

お問い合わせ

モエレ沼公園

0117901231

※掲載情報は2023年1月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。


  1. ホーム
  2. スポット
  3. モエレ沼公園