• スポットタイトル

ピアソン記念館

アメリカ人宣教師のピアソン夫妻が生活した木造2階建の西洋館

ピアソン記念館は、1914年(大正3年)ウイリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計により建設され、アメリカ人宣教師のピアソン夫妻が15年にわたり生活をされた木造2階建の西洋館です。
その後各種の造作がなされたため、北見市は1970年(昭和45年)復元工事を行い、1971年5月31日、ピアソン記念館として開館し、同年10月1日「ピアソン記念館条例」を制定しました。
記念館は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズ氏が設計した最北の建築物として保存し、あわせてピアソン夫妻の資料館としての機能をもたせ、指定管理者NPO法人ピアソン会が管理運営しています。
また、ピアソン記念館は2001年(平成13年)10月22日、北海道遺産に選定されました。

北見市観光協会 NPO法人ピアソン会

営業時間

9:30〜16:30

定休日

月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日(以下「休日」という。)にあたる日を除く。)
休日の翌日(土曜日及び日曜日を除く。)
年末年始(12月30日〜1月6日)

料金

無料

所在地

北海道北見市幸町7丁目4番28号

アクセス

JR北見駅・北見バスターミナルから徒歩15分
バス高栄団地線・若葉線「北見郵便局」から徒歩8分
バス高栄団地線・大正線「山下町」から徒歩8分
駐車場あり(大型バス等でのご来館は事前にお問合せください。)

お問い合わせ

ピアソン記念館

0157232546

※掲載情報は2021年3月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード