無料で定山渓温泉を体感!「定山源泉公園」で味わう足湯と温たま|Domingo

無料で定山渓温泉を体感!「定山源泉公園」で味わう足湯と温たま

スポット

札幌市

定山渓温泉といえば、札幌の奥座敷として有名です。温泉旅館でゆったりくつろぐ時間も素敵ですが、たとえばドライブがてらふらりと立ち寄っただけでも、お楽しみはいろいろあるんです。キーワードは「定山源泉公園」!

定山源泉公園は、定山渓温泉街の中心部にある月見橋のたもとに位置しています。定山渓温泉を拓いた美泉定山(みいずみじょうざん)という修行僧の生誕200年を記念して、2005年に開園しました。

朝7時から夜9時までなら誰でも無料で入園することができ、美泉定山の像や顔はめパネルがあったりと、来園者を飽きさせない工夫があちらこちらに見られます。

中でも人気なのは、やはり足湯!定山渓温泉を手軽に楽しめるとあって、訪れる人は次々に靴を脱ぎ、裸足になって足湯に浸かっていきます。ただし、タオルなどは用意されていませんから、各々で持参する必要があります。

もうひとつ、ぜひここで体験してもらいたいのが「おんたまの湯」です。80℃以上ある源泉を利用して、温たま……つまり温泉たまごを作ることができます。

作り方はカンタン! ネットに入れた生卵を棒に吊し、所定の時間おんたまの湯に浸けておくだけです。

「生卵やネットなどを準備するのが面倒」という方も安心してください!月見橋を渡ったところにある土産物店「定山渓物産館」でネット入りの卵を購入することができます。

実際に温泉でつくる温泉たまごは、とろっとろで格別!器がなければその場では食べられませんが、定山渓物産館で卵を購入すれば器や塩もサービスで提供してくれるので、至れり尽くせりですね。

旅館を予約しなくても、定山源泉公園に行けば温泉気分が味わえます。ここ以外にも、温泉街には足湯や手湯を楽しめる場所がいくつかあるので、探してみるのもいいかもしれません。


▼詳しくはDomingoのスポットページをご覧ください
定山源泉公園

<取材協力>
株式会社定山渓物産館
問い合わせ先:011-598-2178
所在地:北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目
公式サイト:http://www.j-bussankan.co.jp/
営業時間:8:00~21:00

定山渓観光協会
問い合わせ先:011-598-2012
所在地:札幌市南区定山渓温泉東3丁目225-1
公式サイト:https://jozankei.jp/
営業時間:9:00~17:00

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 無料で定山渓温泉を体感!「定山源泉公園」で味わう足湯と温たま