日本最北の離島 利尻島・礼文島のおすすめグルメ&島ごはん!|Domingo

日本最北の離島 利尻島・礼文島のおすすめグルメ&島ごはん!

日本最北の離島である利尻島・礼文島といえば、新鮮で豊富な海産物をつかった地元グルメは欠かせません。地元ならではの「島ごはん」を、とことん食べ尽くしちゃいましょう!

利尻島おすすめグルメ「ホッケ」「ラーメン」「たちかま」「スイーツ」

まずは利尻島のおすすめグルメからご紹介していきましょう。魚介類の新鮮さはもう間違いない、ということで、やはり生でその鮮度を味わいたいところ。

お刺身で味わうのもいいけれど、やはり海鮮丼にして豪快に食べたいところ。いろんな種類の魚介類を載せれば、見た目もゴージャス! 写真に撮っておくと、見返す度に食べたくなって溜め息が出そうです。

ホッケは北海道全域で日常的によく食べられる魚ですが、7月から9月頃にかけてが旬とされています。新鮮で脂の乗ったホッケは、礼文島では特製の味噌ダレとネギでちゃんちゃん焼きにして食べることが名物になっています。もちろん利尻島でもちゃんちゃん焼きで食べる習慣があるので、旅のタイミングが合ったなら、チャレンジしてみたいところですね。

また、定番の食べ方といえば、やはり開きにしてグリルでじっくり焼く方法。表面にじわっと脂の浮いたホッケは、定食スタイルでごはんや味噌汁などと共に味わうと、日本人で良かったとしみじみ感じられそう!

利尻島は、ミシュランガイドに掲載されて話題になった店もあるほど、実はラーメンもおいしいんです。そもそも北海道はラーメン王国で、札幌の味噌ラーメンをはじめ、旭川や函館にも独自のラーメン文化があります。しかし、利尻島のご当地ラーメンはひと味違います! 贅沢に利尻昆布を使って出汁を取ったり、海の幸をトッピングしたり……。ラーメン専門店や食堂など、店ごとに個性豊かなオリジナリティがあるので、ぜひ舌鼓を打ってください。

そして、これぞ地元グルメというべき利尻島の名産が、たちかまです。スケトウダラの白子を練り上げたかまぼこのことで、そのまま食べてもおいしいですが、地元では味噌汁の具として食べたり、バター焼きにして食べるのも人気なのだそう。火を入れるのと入れないのとでは食感も異なるようなので、いろいろ試したいところですね。

さて、地元ならではのグルメを堪能しても、甘いものとなればまた別腹。利尻島で人気のスイーツはいかがでしょう?まずおすすめなのが、テレビや雑誌などで取り上げられたこともある「利尻プリン」。メープル、ゴマ、くまざさの3種類がありますが、やっぱり気になるのはくまざさ。くまざさとは、北海道ではよく見られる笹の一種。生地に混ぜられたくまざさがほんのり香り、優しい上品な甘さが魅力です。

もうひとつ、利尻島のおすすめスイーツをご紹介しておきましょう。利尻山をイメージしたアイスクリームで、なんと乾燥ウニ、昆布の塩がトッピングされ、さらには食べられる利尻根昆布のスプーン付き! これぞご当地アイス! 旅の思い出として、きっと大きなインパクトを残してくれるに違いありません。

礼文島おすすめグルメ「うに」「オムライス」「スープカレー」

一方、礼文島のおすすめグルメといえばどのようなものがあるのでしょうか。利尻島同様、やはり豊かな海の幸は欠かせません。中でも、6月~9月頃しか獲れない島のウニは、日本全国の中でも最高級品との呼び声が高いのだとか。そんなウニは生で食べても臭みがなく、焼きウニにすると殻から芳しい香りが漂います。どんな食べ方でも間違いようのないおいしさなのですが……。

やはり心ゆくまで味わいたいなら、ウニ丼ですよね! 丼の中で白いごはんの上に折り重なるオレンジ色の身は、たまらなく食欲をそそります。旅だからこそ思い切って贅沢しちゃいましょう! ちなみに島ではエゾバフンウニを「ガンゼ」、キタムラサキウニを「ノナ」と呼ぶそう。ウニ丼を食べる際に、旅仲間にうんちくを披露して驚かせてみては?

また、こんな変わり種のウニ料理も。焦がし醤油のライスがベースとなった和風オムライスなのですが、なんと上からかけられているのはウニを贅沢に使用したウニバターソース。礼文島ではオムライスさえもウニとマッチングさせてしまうのですね! これも豊富な水揚げ量の成せる技、かもしれません。

ちなみに北海道発祥グルメのひとつに、スープカレーがあります。スパイスをたっぷり利かせ、具材がごろごろ入っているのが特徴ですが、礼文島でも食べられます。礼文島産昆布を使用した、礼文島ならではのスープカレー。昆布の出汁によってカレーに深みが増し、大きめ野菜とチキンレッグもどこか品のある風味が感じられます。他の地域のスープカレーと食べ比べてみるのも、面白いかもしれません。

ウニがオムライスに変身していたように、なんと礼文島ではホッケがハンバーガーに変身してしまいました! パテに鶏ひき肉とホッケを使用した、その名もホッケバーガー。「鶏とホッケが合うの?」と意外に思われるかもしれませんが、これがなんと相性バツグン。両手でグッと押さえながら、大きな口を開けてかぶりつきましょう。

いかがでしたか? 食材が新鮮だからこそシンプルに味わいたいという思いと、食材が豊富だからこそ他では見られないようなアイデアで味わいたいという思い、両方が満たされる「島ごはん」だったのではないでしょうか。そして数々の素晴らしい料理は、最北の離島という素晴らしい環境があるからこそよりおいしく感じられるはず。ぜひ地元の空気を肌で感じながら、思い出に残る旅の食事を楽しんでくださいね。

利尻島・礼文島へ行くなら北海道エアシステム(HAC)で!
HACなら札幌から55分とアクセスがとっても便利!

北海道エアシステムの札幌(丘珠)=利尻線は、夏期ダイヤ(2022年3月27日~10月29日)より、これまでの1日1往復から土日祝を中心に新たに午前便を増便し、1日2往復になりました。この増便により、札幌市など道央圏から島への観光路線として、また離島にお住いの皆さまの生活交通路線として、さらなる利便性向上を図ってまいります。

◆夏季ダイヤ期間中、土日祝、お盆などに新規増便、9月1日以降は15分早発(※)
JL2881 札幌(丘珠)08:15⇒利尻09:10
JL2880 利尻09:40⇒札幌(丘珠)10:35

◆夏季ダイヤ期間中、毎日運航(※)
JL2885 札幌(丘珠)14:35⇒利尻15:30
JL2884 利尻16:00⇒札幌(丘珠)16:55

北海道エアシステムはこれからも道民の翼として、北海道の経済、医療などに貢献し、利便性の向上や地域活性化の取り組みを継続してまいります。

※運航の詳細につきましては、JAL Webサイト(https://www.jal.co.jp/jp/ja/)よりご確認ください。


  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 日本最北の離島 利尻島・礼文島のおすすめグルメ&島ごはん!