芽室町の大地が生み出したトドマツのエッセンシャルオイル『2052』【芽室町 #2】|Domingo

芽室町の大地が生み出したトドマツのエッセンシャルオイル『2052』【芽室町 #2】

芽室町

まち

Domingoが北海道のまちと1ヶ月間コラボしてお届けする企画、第2弾となる今回は「芽室町(めむろちょう)」に密着!
まちの楽しみ方や、とっておきの特産品に関する情報を4週に渡ってお届けしています。

今回芽室町の特産品としてご紹介するのは、いろどりファームさんの〈『2052』エッセンシャルオイル(トドマツ)〉です。

『2052』エッセンシャルオイル(トドマツ)とは?

北海道・十勝で育ったトドマツから抽出したエッセンシャルオイルです。

『2052』写真

『2052』のトドマツ精油は100%天然由来。
北海道・十勝に生育するトドマツの葉と枝から抽出した香りは、緑豊かな森を感じる瑞々しさと柔らかさが特徴です。
サウナやリビング、寝室などゆっくりと過ごす空間で、身体と心を整えたい時にお使いいただくことができます。

『2052』トドマツ

■内容
産地 北海道十勝
植物名 マツ科モミ属トドマツ
抽出部位 葉・枝
抽出方法 水蒸氣蒸留法
内容量 7ml

瑞々しく柔らかな香りをつくりだす「いろどりファーム」

この『2052』を作るのは、いろどりファームの飛田さん。

飛田さん

もともと帯広のご出身で高校まで帯広で過ごし、大学進学と同時に上京。10年間東京で生活していました。
2014年、地元帯広にもどりお父さまが経営する会社で営業系のお仕事をされていた飛田さんは、道東を中心に道内各地を車で走ることが多かったそう。高校生まで過ごした地元十勝の魅力に気づき、チャンスがあればこの土地に根付いた農業をやりたいと思うようになったと言います。

そして2018年の春、ついに十勝平野の中央に位置するここ芽室町で新規就農。
もともと、京都から移住してきた方が23年間ハーブやハスカップ等を栽培していたという農地とお家に惹かれ購入、有機栽培での農業を始めることに。
飛田さんは当初ハーブの栽培を行うつもりではなかったものの、元オーナーの方が作るハーブティを飲んですっかりその虜に。芽室町は大規模農業が主流ですが、そのなかで飛田さんは有機栽培でハーブや果樹を栽培することを選択し、オーガニックハーブティやハーブソルトの生産を始めました。

いろどりファームの畑

ハーブの栽培やハーブティ・ハーブソルトの生産・販売を行う中で、「香り」に大きな魅力を感じたの飛田さんは、「オーガニックな香り」を軸にいろんなことに取り組んでいきたいと考えるようになりました。

「北海道特有の香りといったら何だろうと考えるなかで、北海道に自生する『トドマツ』にたどり着きました。人工的に作られた香料ではなく、植物由来のオーガニックな香りを広めたいという思いを強く持ってやっています。」

十勝のトドマツ

『2052』に込められた思い

飛田さんが芽室町に移住した1つのきっかけは、日高山脈が作り出す景色や気候でした。
畑と山脈の景色の美しさ、また日高山脈が雲をおさえていることによって晴れの日が圧倒的に多くなる「とかち晴れ」に惚れ込んだそう。

「その感謝もこめて、日高山脈の中で一番高いポロシリ岳の標高2,052mを商品名としました。」

『2052』の原料となるのは、トドマツの枝や葉の部分。
トドマツは幹の部分を建築材等として使うことが多く、枝葉の部分は山にそのまま棄てられることが多いもの。
そんなトドマツの枝葉の部分を使って飛田さん自身が抽出する、100%北海道・十勝産のエッセンシャルオイルなのです。

トドマツの枝葉

また常緑針葉樹であるトドマツは冬の間も枯れることがないため、ハーブの栽培が行えない冬の期間でも生産することができるため、畑作農家との両立にも向いているのだそう。

『2052』エッセンシャルオイル(トドマツ)の使い方

ハンカチにつけて持ち歩いたり、お風呂に数滴たらしたり、アロマディフューザー・リードディフューザーとして香りを楽しんだり… エッセンシャルオイルには様々な楽しみ方があります。

なかでもおすすめなのが、なんと「サウナ」での利用!

「サウナのロウリュで使うのがおすすめです。『2052』を溶かした水をサウナストーンにかけて、立ちのぼった水蒸気で香りを楽しみます。精油の成分は森林浴の効果で心と体がリラックスしたり、空気を浄化する効果があり、それを鼻からだけでなく皮膚からも感じることができるんですよ。」

サウナでのロウリュ

温泉やサウナが大好きだという飛田さんイチオシの楽しみ方です。
帯広市にある「北海道ホテル」のサウナでは月に3回ほど、トドマツの香りを楽しめるサウナの日があるそう。
「北海道ホテル」のサウナで、全身で香りを楽しんでみるというのもおすすめです。

「この場所の空、気候、景色、そして温泉やサウナが好きで、もうほかの場所は日本では住む気はないというくらい好きです。」
そう話す飛田さんが、「オーガニック」「香り」にこだわって作った『2052』、ぜひ西都などでチェックしてみてくださいね!

『2052』写真

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード