• スポットタイトル

北海道醤油株式会社

明治時代から続く老舗の醤油づくり、歴史的資料や麹の香りから体感

「トモエ」のマークで知られる福山醸造は味噌と醤油を製造しており、醤油の製造部門が北海道醤油。その前身は福井県の回船問屋で、船で全国を巡り各地の産物を商っていたが、北海道産の良質な大豆に目をつけ、1891(明治24)年に札幌で醤油製造を開始。1918(大正7)年には現在の苗穂に工場を建設し、石狩川水系の伏流水を使用して現在まで製品を作り続けている。工場見学では、映像による工場紹介のあと、古い道具などが展示された資料室へ。明治時代のちょうちんや半纏などに長い歴史が感じられる。その後、醤油製造の行程を通路から見学する。あたりには麹(こうじ)やもろみの香りが立ち込め、大規模工場とは違った、地場の醸造業ならではの雰囲気を体感できる。

札幌観光協会

営業時間

9:00〜12:00、13:00〜15:00
※要予約

定休日

土曜・日曜・祝日、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始

料金

無料
5名〜60名まで (60名以上の場合は要相談)

駐車場

有り(無料)

所在地

北海道札幌市東区苗穂町2丁目3-1

お問い合わせ

北海道醤油株式会社(平日 9:00〜16:00)

0120120280

※掲載情報は2022年6月時点のものです。
※掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。


  1. ホーム
  2. スポット
  3. 北海道醤油株式会社