温泉で観戦できる新球場?!2023年開業予定の「北海道ボールパークFビレッジ」【北広島市×Domingo】|Domingo

温泉で観戦できる新球場?!2023年開業予定の「北海道ボールパークFビレッジ」【北広島市×Domingo】

北広島市

まち

Domingoが北海道の町と1ヶ月間コラボしてお届けする企画、第4弾となる今回は「北広島市(きたひろ しまし)」に密着! まちの楽しみ方や、とっておきの特産品に関する情報を4週に渡ってお届けしています。 3本目となる本記事では、北広島市がいま最も力を入れるプロジェクト「北海道ボールパークFビレッジ」についてご紹介! 2023年3月開業予定の北海道ボールパークFビレッジの現在の姿や、これからどんな施設になっていくのか、現場をみて、お話をお聞きしてきました!

北海道ボールパークFビレッジ とは?

新球場ができるのは知っているけれど、どんなものができるのかは知らない!という方も多いかもしれません。

「北海道ボールパークFビレッジ」は、北海道日本ハムファイターズの新球場を含めたエリアのこと。ファイターズが北海道に来て20周年を迎える2023年3月に開業予定です。
野球を観戦するためだけでなく、パートナー、ファン、地元の方々と一緒に地域社会の活性化や社会への貢献につながる“共同創造空間”を目指し、株式会社大林組とHKS, Inc.が設計施工を担当しています。

その北海道ボールパークが建設されているのはここ。

北海道ボールパークFビレッジって、どんな施設?

北海道ボールパークFビレッジの完成形をみてみましょう。

ボールパークを上から

ボールパークを横から

まずは野球を行う「エスコンフィールドHOKKAIDO」。
野球に特化した球場で、プレイヤー、ファンの双方が野球を最大限に楽しむことができる施設です。

選手たちの意見も取り入れ細部にまでこだわった新球場は、日本で初めての開閉式屋根の付いた天然芝の球場。南面は芝の育成を促すため一面のガラス壁となっており、開放感も抜群!
また、選手たちが使うロッカールームなどのバックヤード部分も、現場の意見を参考に使いやすい設計が施されているのだそう。

五感で心地よさを感じることができる、プレイヤーファーストとファンファーストの両立を目指す球場です。

エスコンフィールド内

ファンの野球の楽しみ方もこれまでより幅広くなっていく予定です。たとえば、VIPルームやラウンジスペースからの野球観戦。小さなお子様や車椅子の方とご一緒の観戦も、気兼ねなく楽しむことができます。

vipルーム

さらに特徴的なのは、なんと温浴施設からの試合観戦ができること…!
レフト側に設置される4階層のビル「TOWER11」は通年利用でき、温浴施設や宿泊施設が入るのだそう。初めて会う方とも意気投合し、わいわい観戦できそうでとっても楽しそう!

tower11

また、臨場感たっぷりで野球を楽しむことができるフィールドレベルのシートが1・3塁側の2箇所に設置!コアなファンも満足できる球場となっています。

フィールドシート

また、「球場飯では負けられない!」という強い想いもあり、今までにないフードエンターテイメント、食を通じた感動も届けてくれる球場になります。野球観戦とともに北海道産や旬の食材を使った料理を堪能できるなんて、とっても楽しみですよね!


次に、2023年以降に少しずつ拡充されていく、新球場の周辺部分をご紹介します。
球場の外には、試合の有無に関係なく、この場所を楽しむことができる施設がたくさんできていく予定。

まずは、キッズエリア。ちいさなフィールドや、たくさんの遊具が設置され、子どもたちが自由に思い切り遊べる空間となります。

キッズエリア

そして、コテージなどの屋外宿泊施設!
試合のある日には、スタジアムでお酒片手に観戦を楽しみ、試合後はそのままコテージに宿泊。次の日には車で北広島市の楽しいスポットをめぐる、というワクワクするプランも可能になります。
子どもから大人まで楽しむことができるレジャースポットになること、間違いなしです。

2023年3月には、エスコンフィールドHOKKAIDOが開業予定。現時点では、48%の進捗なのだそう!

現在の姿1

現在の姿2

壮大な夢を載せた大きな建物が着々と完成に近づいていて、ワクワクドキドキが止まりません。

さらに様々なパートナーとの共同創造でつくられるFビレッジは、開業後も成長・進化し、東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンなどのように、新エリアがだんだんと増えお客さんをワクワクさせ続ける施設を目指しているといいます。
10年後、20年後の姿をイメージすると、とめどなく面白くなる未来が見えるようです。

ボールパークの未来像

北海道ボールパークFビレッジまでのアクセス

北海道ボールパークFビレッジが完成したら、観戦しに行きたい!という方も多いのではないでしょうか。アクセスを確認してみましょう!
北海道ボールパークFビレッジが開業する2023年3月時点での最寄駅は、「北広島駅」。
駅から車で5分、徒歩で20分程度で到着します。北広島駅の周辺は、1997年から自転車歩行者専用道路であるエルフィンロードの整備されているので、とっても気持ちよい風景の中でウォーキングをすれば北海道ボールパークにあっという間に到着しますよ。

エルフィンロード

また、開業に合わせて北広島駅西口からシャトルバスの運行も開始予定となっており、西口のロータリーの整備が進められています。

西口

駅西口周辺エリアでは、地域の住民・事業者・観光客などみんなのホームタウンとなることを目指した活性化整備計画『キタヒロ・ホームタウン-BASE 2021-2029』が進んでいます。
2023年のロータリー整備に続いて、2024年にはみんなが自由に使い・過ごすことができる交流拠点が建設されます。食のマーケットやスポーツを通じたコミュニティスペースなどが入った複合交流拠点施設や、広場・公園が整備されるとのこと。

西口の未来像

さらに、2027年には北海道ボールパークFビレッジの近くに新駅の建設も予定されており、さらに球場へのアクセスがよくなる予定です。
北広島市の住民にとっても、観戦に訪れるファンにとっても、よりおもしろいまちになっていくこと間違いなしの大注目エリアです。

ぜひ今後も、北海道ボールパークの動きに注目してみてくださいね!

■北海道ボールパークFビレッジ
https://www.hkdballpark.com/
■北広島市ホームページ
https://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/
■北広島市の観光情報サイト「きたひろ農学校」
https://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/sightseeing/
■北広島市 公式Facebook
https://www.facebook.com/hokkaido.kitahiroshima/

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード