北海道の馬「北海道和種馬」を守る。標茶町での小濵真人さんの挑戦【連載「中道智大のしべちゃ日和」(6)】|Domingo

北海道の馬「北海道和種馬」を守る。標茶町での小濵真人さんの挑戦【連載「中道智大のしべちゃ日和」(6)】

標茶町

ひと

みなさんこんにちは。標茶(しべちゃ)町の中道智大(なかみちともひろ)です。僕の視点で標茶町の魅力を伝えていく「しべちゃ日和」。今回で6回目です。

3月に入り最高気温もプラスになり、少しずつではありますが春を感じる季節になってきましたね。本格的な春はまだまだ先ですが、それでも日に日に長くなる日照時間と暖かくなる気温が心までも暖かくしてくれるような、そんな気持ちを感じます。

今回ご紹介させて頂くのは、同じ地域おこし協力隊として標茶町で活躍する小濵真人さん。

小濵さんは4年前、千葉県の房総半島から標茶町へ移住してきました。元ムツゴロウ王国出身で、千葉県館山市の乗馬クラブで長年外乗のガイドを経験するなど、生き物全般のプロフェッショナルです。馬だけでなく様々な生き物に精通し、たくさんの自然がある標茶町で自然と共に生きる生活を送っています。

北海道和種馬の存続

小濵さんは馬の中でも「北海道和種馬」という種類の馬に着目し、保護活動を行っています。北海道和種馬は一般的な乗馬クラブにいる馬と違い、北海道和種馬は体高も小さく、ずんぐりむっくりとした体型が特徴で、「道産子(どさんこ)」という俗称で知られています。

厳しい北海道の自然を生き抜いてきた北海道和種馬は、調教という面において西洋の馬たちより難しいと言われており、現状では肉として消費されていることが多いそう。

「このままでは将来的に北海道和種馬という種が絶たれてしまうのではないか。」

数少ない日本原産の馬の将来に、小濵さんは危機感を持っています。

「北海道和種馬を扱える人は少ないけれど、色んな馬を調教してきた経験からすると北海道和種馬も十分に乗用馬として通用するはずなんです。むしろ体も日本人向けに小さく、揺れが非常に少ない歩様を持っているので、乗用馬としてのメリットは大きいと思います。」

和種馬の乗用馬としての素質がもっと広く認められれば、本来の目的である和種馬の存続に大きく貢献できるのではないかと小濵さんは考えています。

北海道和種馬のセン(前)とキズナ(後)。体躯ががっしりとしていて体高も低い

調教の繊細さ

また小濵さんは既存の調教理論に合わせ、ご自身の経験に基づいた独自の調教も取り入れています。

「特に繊細な北海道和種馬は一度でもトラウマを作ってしまうと、直すのに膨大な手間と時間がかかってしまいます。トラウマにならないように少しずつ、ゆっくりと関係を築いていくことが大切なんです。」

特にまだ小濵家に来て日が浅いセンとは、調教の前段階である絆作りに時間を割いているそう。

「ボロ(糞)を取る時に少しでも一緒に同じ空間にいたり、直接コミュニケーションを取らなくても一緒の時間を共有するだけで少しずつ信頼関係ができてくると思っています。調教以外の時間が実はとても大切なんです。」

と小濵さんは慈愛に満ちたまなざしで教えてくれました。

センと少しずつ関係作りをする小濵さん。まだ若いセンは好奇心も旺盛で今後の成長が楽しみ


そして今回はセンだけではなく、もう一頭いるキズナの調教も見せてもらいました。いくつかの段階を経て、ようやく上に乗れるかどうかという段階だそうです。



後ろから追いやるように馬をプレッシャーで押していき、左手で回転方向を促します。人によっては鞭を使用する方もいるようですが、小濵さんは気持ちと声で圧をかけていました。



後ろから手綱を持ち、進行方向を指示しながら歩く擬似乗馬の調教です。ここまで来れればあとは上に乗っていく段階です。



敢えて雑に乗ることで、馬に上に乗るときの刺激に慣れさせます。また、いきなり座ってしまうと高いところから見下ろされる感覚が苦手な馬もいるため、この姿勢で上に乗るのを慣れさせていくんだそうです。

小濵さんが伝えたい「乗馬の本当の魅力」

「ただ馬に乗って歩いて景色を見ておしまいだと、乗馬の本来の楽しみが得られないんです。乗馬はコミュニケーションなので、どうしたら自分が乗る馬と仲良くなれるのか。心を通わせることができるのか。と馬とコミュニケーションを取る必要があるんです。馬も生き物ですから、これは良いけどこれは嫌だということもあります。だからこそ互いの意思を通わせ合ってこそ、はじめて馬の本当の魅力に気づくことができるんだと思います。」

現在の乗馬クラブでは、誰が乗っても安全でおとなしく、優しい馬が乗用馬となることが多いですが、それは見方を変えると馬も人も心を閉ざしてしまっていのではないか。また、機械のように同じコースをただ人を乗せて歩くことでは、馬という生き物との理解は深まらないのではないか。このように小濵さん自身が過去に乗馬クラブで経験したことを経て、いま標茶町で「本来の乗馬」を楽しめる空間をつくりたいと考えています。

小濵さんは「馬の魅力を理解した上で自分で馬と心を通わす楽しさを知って欲しい」と話します

標茶町だから出来ること

標茶町の土地の広さ、雪の少なさ、夏の涼しさなど、環境的な条件も馬たちにとっては最高だそうです。そして標茶町は軍馬補充部として軍馬の育成や生産に携わってきた歴史もあります。これらの観点からも、標茶町で北海道和種馬を育成することに意味があると小濵さんは考えています。

自然の中で動物たちと暮らしながら、北海道和種馬の未来に思いを馳せる。
小濵さんの今後の活動にも注目していきたいと思います。


また、そんな小濵さんを映像で追った「標茶人物伝」をYouTubeでご覧いただけます。ぜひこちらもご覧いただき、みなさんにも小濵さんの活動や想いを知っていただけるとうれしいです。次回もぜひお楽しみください。



筆者プロフィール

標茶町地域おこし協力隊・写真家・映像クリエイター 中道 智大

1988年千葉県野田市出身。小さい頃から動物や自然が大好きで20代の頃はドッグトレーナーとして様々な犬の訓練に携わる。5年前から自然と動物達の写真と映像制作を始める。現在、北海道標茶町の狼20頭が飼育されていた森で犬4頭と自然暮らしをしている。『人と動物の関係性』をテーマに各SNSにて作品を発表中。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 北海道の馬「北海道和種馬」を守る。標茶町での小濵真人さんの挑戦【連載「中道智大のしべちゃ日和」(6)】