【2024年版】登別・洞爺湖近郊・道央エリアおすすめ桜スポット10選!絶景とともに楽しむ花見|Domingo

【2024年版】登別・洞爺湖近郊・道央エリアおすすめ桜スポット10選!絶景とともに楽しむ花見

登別・洞爺湖近郊・道央エリアの桜の名所は、長い道に桜が作るトンネルや高台から景色を一望できるなど、桜はもちろん周囲の景観も楽しめます。この記事では、そんな登別・洞爺湖近郊・道央エリアでこれからの時期にピッタリな桜・花見スポット10か所をご紹介します。

2024年 登別・洞爺湖近郊・道央エリアの桜予報

開花予想日:4/28頃 満開予想日:5/3頃(4/3現在)
(最新の開花予想は下記記事をご確認ください。)

SPOT 1 直線7㎞にも渡る日本一の桜並木「二十間道路桜並木」(新ひだか町)

二十間道路桜並木

2,000本を以上もの桜が直線7キロメートルに渡って咲き誇る日本一の桜並木「二十間道路桜並木」。「日本の道百選」や「さくら名所100選」、「北海道遺産」などにも選ばれ日本屈指の桜の名所として多くの人々から親しまれています。周囲に広がる放牧地の緑の中で咲きそろう桜の花は息をのむ美しさです。

■所在地:日高郡新ひだか町静内田原
「二十間道路桜並木」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 2 桜のトンネルのライトアップも魅力的「優駿さくらロード(浦河町)」

優駿さくらロード

優駿の里公園の入口から約3kmにわたり、1,000本を超えるエゾヤマザクラが道路の両側に立ち並んでいます。咲き誇る桜のトンネルが、訪れる人々の目を楽しませてくれます。例年見頃にあわせて行なわれる「浦河桜まつり」期間中は、ライトアップされた幻想的な夜桜も必見です。

■所在地:浦河郡浦河町字西舎141-11
「優駿さくらロード」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 3 温泉と花見でのんびり心を満たす「登別桜並木(登別市)」

登別桜並木

JR登別駅から登別温泉方面へ向かう約8kmの道が、5月上旬になると花のトンネルで覆われます。地元の人々が丹精を込めて植えた約2,000本のエゾヤマザクラが咲き誇り、登別温泉やカルルス温泉を訪れる人々を優しく迎えてくれます。

■所在地:登別市中登別町
「登別桜並木」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 4 珍しい薄緑の花びらが見られる「登別市郷土資料館・登別市文化伝承館(登別市)」

登別市郷土資料館・登別市文化伝承館

登別市郷土資料館では6種類46本の桜の木が約1か月かけて咲き、中でも希少な御衣黄(ぎょいこう)が薄緑の花びらをつけ人気を集めています。仙台藩士片倉家が居城していた白石城をモデルとした外観で、周囲の桜や紅葉などが合わさり、四季折々の景観を楽しませてくれます

■営業時間:4月~10月 10:00~17:00 / 11月~3月 10:00~16:00
■料金:大人 190円 / 小中学生 60円
■所在地:登別市片倉町6丁目27
「登別市郷土資料館・登別市文化伝承館」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 5 洞爺湖と山々の壮大な眺望と桜を楽しむ「サイロ展望台(洞爺湖町)」

サイロ展望台

サイロ展望台は北海道洞爺湖の西岸、湖を囲む大地の端にあります。洞爺湖をはじめ、中島、有珠山、昭和新山等を一望できる観光スポット。青く輝く洞爺湖と島々の大パノラマが広がる眺望と桜や梅のコントラストは絵画のように絶景です。

■営業時間:8:30~17:00
■所在地:虻田郡洞爺湖町成香3-5
「サイロ展望台」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 6 清流日本一の河川敷に咲く桜と散策「尻別川ランラン公園(蘭越町)」

尻別川ランラン公園

尻別川ランラン公園は河川敷にあり、広大な緑地と花壇が四季折々の風景を楽しませてくれます。特に桜の季節には、満開の桜並木が公園を彩ります。公園内にはベンチや整備された散策路などもあり、「清流日本一」に輝くほどの美しい川と桜を見ながら河川敷を散策するのも最高です。

SPOT 7 巨石を割り成長した力強さを感じる桜「有珠善光寺(伊達市)」

有珠善光寺

有珠善光寺の境内には樹齢200年を超える桜の巨木が何本もあり、その中でも巨石を割りながら成長した石割桜が有名です。しだれ桜の巨木やヤエ桜も多く植樹されており、桜以外にもアジサイやイチョウなど四季を彩るさまざまな木々や草花が植えられ「伊達市の花の名所」といわれています。

■営業時間:善光寺宝物館 9:00~17:00
■料金:宝物館 大人 500円 / 高校生以下 400円(要予約)
■所在地:伊達市有珠町124
「有珠善光寺」の詳細や地図情報はこちら

SPOT 8 夫婦の様に支えあう珍しい桜「庶野さくら公園・夫婦桜(えりも町)」

庶野さくら公園

庶野さくら公園は、庶野漁港と桜が一緒に望める人気の桜スポットとして広く知られており、園内には推定樹齢300年のエゾヤマザクラがあります。2本だった桜が支えあい、いつしか1本の大樹になったと言われていることから「夫婦(めおと)桜」と呼ばれ、毎年美しい花を咲かせています。

SPOT 9 緑に包まれた陣屋跡に咲く桜「東蝦夷地南部藩陣屋跡モロラン陣屋跡(室蘭市)」

東蝦夷地南部藩陣屋跡モロラン陣屋跡

市内唯一の国指定史跡であり、北海道内の代表的な近世末の陣屋跡の一つ。幕末に南部藩士たちが海をのぞみ噴火湾東端の沿岸警備に当たったこの地は、昭和9年に史跡指定を受けて永く保存されてきました。現在は、緑いっぱいに包まれ桜の名所にもなっています。

SPOT 10 アウトドアも楽しめる花見の穴場「様似ダムキャンプ場(様似町)」

様似ダムキャンプ場

様似ダムの桜は、5月上旬から中旬ごろに見頃を迎えます。日本で最も遅い時期に花見のシーズンを迎える、知る人ぞ知る桜の名所。夏はキャンプや川釣りが楽しめるアウトドアスポットとしても人気を得ています。

※花見をする際はみんなが気持ちよく楽しめるように各施設や各地域が定めているルールに従って利用しましょう!
※開花・満開予想日は記事掲載時点のものです。現地へ訪れる際は必ず事前に最新情報をご確認ください。

あわせてチェック!

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 【2024年版】登別・洞爺湖近郊・道央エリアおすすめ桜スポット10選!絶景とともに楽しむ花見