できたて弁当でピクニック気分!旭山記念公園のレストハウス「ぽるく」|Domingo

できたて弁当でピクニック気分!旭山記念公園のレストハウス「ぽるく」

グルメ

札幌市

札幌の市街地が眼下に広がり、心地良い風が通り抜ける旭山記念公園。札幌市民の憩いの場でもある旭山記念公園に、レストハウスがあるって知っていますか?2021年4月24日からリニューアルオープンしたレストハウス「ぽるく」があるのは、駐車場のすぐ横。その場で手づくりしているお弁当などが販売されています。

なんでも「森や木、花など自然をテーマにしたカフェ&ショップ」ということで、店内は広々としていてなんだか居心地のいい雰囲気。

気になる手づくりお弁当の種類は5種類。その場で手作りしていると聞いていましたが、なんと作り置きではなく注文を受けてから作ってくれます!できたてのおいしさを味わってほしいから、なのだそう。

お弁当は可愛らしいランチボックスに入っています。今回は5種類のお弁当から、厳選した2つをご紹介しましょう。

まずは「ザンギ弁当」(税込500円)。味付けがしっかりきいた大きめザンギがごろごろ入っていて、食べ応え十分!旭山記念公園の素晴らしい景観を見ながら食べたら、きっとおいしさも倍増することでしょう。

次に紹介する「ローストポーク丼」(税込650円)もおすすめ。これでもかと敷き詰められたローストポークに、甘辛い特製手作りソースを絡めると…もうやみつき!ごはんがどんどん進みます。ちなみにこのレストハウスはNPO法人「手と手」が運営していて、就労支援センター「手と手」の畑で育った自然栽培の野菜も使用しています。

公園散策で喉が渇いたら、ドリンクを購入するのはいかがでしょう。疲れた身体に「いちごみるく」(税込400円)の程良い甘さが染みわたります。

また、ソフトクリームにもこだわりが。「西興部村のソフトクリー夢」(ワッフルコーン 税込400円)は、西興部村にある萩原牧場で育った健康な牛の牛乳が使用されています。牛乳の風味をしっかり感じながらも、飲んでいるかのように食べられるタイプのソフトクリームです。

店内には美味しいグルメの他に、たくさんのグッズが販売されています。「手と手」で作られている旭山記念公園のオリジナルグッズや、作家さんが手掛けたシマエナガのグッズなど、どれもこれも可愛くてユニーク!しかもほとんどがここでしか購入できないものばかりです。

「手と手」で作られた安心でおいしいジャムやトマトソースなど、思わず手に取ってみたくなる商品もたくさんあります。これからは野菜もどんどん販売していくそうなので、旭山記念公園に新鮮な自然栽培の野菜を買うためにやって来る、なんてことも今後はあり得るかもしれませんね。

旭山記念公園のレストハウスは魅力がギュッと詰まった空間なので、ぜひ立ち寄ってみてください。普段は17時までの営業ですが、夜景を見に来る人のために、金曜日と土曜日、祝日前の日曜日は、21時まで開けてくれます。満月の日も21時までの営業なんだそう。そんな粋なところも、素敵なレストハウスですね。

SPOT 旭山記念公園

■所在地:札幌市中央区界川4丁目
「旭山記念公園」の詳細をDomingoで見る

<旭山記念公園レストランぽるく>
所在地:北海道札幌市中央区界川4丁目1-3
問い合わせ先:011-561-6922
Instagram:https://www.instagram.com/poluku_asahiyama/

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. できたて弁当でピクニック気分!旭山記念公園のレストハウス「ぽるく」