【函館近郊ドライブ】おすすめスポット10選!レトロな港町と大自然を体感|Domingo

【函館近郊ドライブ】おすすめスポット10選!レトロな港町と大自然を体感

函館近郊エリアは港町ならではの異国情緒あふれるレトロな街並みをはじめ、新鮮な海産物や歴史を感じさせるスポットがたくさん!今回はそんな函館近郊エリアの何度でも訪れたくなるおすすめスポットをご紹介します!

1.山頂から函館市内を一望する絶景を満喫「函館山展望台(函館市)」

spot1

函館市と近郊を一望できる定番スポットともいえる展望台。両側を海に囲まれた独特の地形が演出する眺望と凛とした空気にきらめく夜景が満喫できます。2階のレストランや3階のティーラウンジなどもあり、飲食と共に絶景が楽しめます。

■営業時間:ロープウェイ営業時間
4月25日~10月15日 始発10:00 / 上り最終 21:50 / 下り最終 22:00
10月16日~4月24日 始発10:00 / 上り最終 20:50 / 下り最終 21:00
※変更となる場合がございますので、詳しくは公式サイトをご確認ください
■定休日:ロープウェイは9月20日から11月7日までの間、運転休止
■料金:ロープウェイ運賃
往復 大人(中学生以上)1,500円 / 小人700円
片道 大人(中学生以上)1,000円 / 小人500円
■駐車場:あり(山頂駐車場 無料)
■所在地:函館市函館山
■アクセス
・JR函館駅より車で約10分のちロープウェイ乗車
・JR函館駅より市電と徒歩で約25分のちロープウェイ乗車
・JR函館駅より函館山登山バスに乗車
■お問い合わせ:函館山ロープウェイ  0138‐23‐3105
「函館山展望台(函館市)」の詳細をDomingoで見る

2.歴史好きが全国から訪れる桜の名所「五稜郭公園(函館市)」

spot2

星型城郭「五稜郭跡」は、戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争で榎本武揚や土方歳三らが率いる旧幕府軍にとって最後の砦となりました。現在では五稜郭公園の名で親しまれ、復元された箱館奉行所も見ものです。春は桜の名所で冬は堀の周りをイルミネーションが彩ります。

■開園時間:4月~10月 5:00~19:00 / 11月~3月 5:00~18:00
■料金:公園内無料(有料施設あり)
■駐車場:あり(付近の有料駐車場)
■所在地:函館市五稜郭町44
■アクセス:市電「五稜郭公園前」より徒歩で15分
■お問い合わせ:五稜郭公園管理事務所 0138-31-5505
「五稜郭公園(函館市)」の詳細をDomingoで見る

3.函館を代表するグルメやお土産が揃う「金森赤レンガ倉庫群(函館市)」

spot3

ベイエリアに建ち並ぶ赤レンガ倉庫は、ロマンチックな風情を感じさせてくれます。金森赤レンガ倉庫として営業する7棟の施設は、テーマごとに「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」「金森洋物館」「BAYはこだて」に分かれていて、飲食店や土産物店などが軒を連ねています。

■営業時間
・物販店 9:30~18:00
・函館ビヤホール
平日 11:30~21:00(20:30ラストオーダー)
土日祝 11:00~21:00(20:30ラストオーダー)
・リストランテ・ボンナターレ※金土日祝のみ営業
ランチ 11:30~15:00(14:30ラストオーダー)
ディナー 17:00~22:00(21:00ラストオーダー)
■駐車場:あり(有料)
■所在地:函館市末広町13-9
■アクセス
・JR函館駅より車で約5分
・JR函館駅より徒歩で約15分
・市電「十字街電停」より徒歩で約5分
■お問い合わせ:金森赤レンガ倉庫 0138-27-5530
「金森赤レンガ倉庫群(函館市)」の詳細をDomingoで見る

4.日本で最後に築城された城郭「松前城・松前城資料館(松前町)」

spot4

松前城は正式には福山城といい、日本で最後に築城された城郭です。幕末から明治にかけての戊辰戦争では、新選組副長の土方歳三が攻め込んだ歴史もあり、「日本100名城」、「北海道遺産」にも選定されています。木造天守の焼失後、鉄筋コンクリート製の復興天守が完成し、松前城資料館としてオープンしました。

■営業時間:9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
※12月11日~4月9日までの期間は冬期閉館
■料金:大人(高校生以上)360円 / 小人(小・中学生以上)240円 / 幼児 無料
■駐車場:あり(無料)
■所在地:松前郡松前町字松城144番地
■アクセス
・函館バス「松城バス停」より徒歩で10分
・JR木古内駅より車で約80分
■お問い合わせ:松前城資料館 0139-42-2216
「松前城・松前城資料館(松前町)」の詳細をDomingoで見る

5.100以上の島が浮かぶ沼と大自然を散策「大沼国定公園(七飯町)」

spot5

大沼湖畔の自然林をそのまま利用し遊歩道をレイアウトしているので、四季の自然を肌で感じられるます。春は湿地に水芭蕉やコブシ、ツツジと広がり、夏のアヤメ、秋の紅葉も楽しめます。広大な駒ケ岳の裾野に続き渡り鳥たちも姿を見せ、バードウォッチングにも最適です。

■所在地:亀田郡七飯町字大沼町127番地
■お問い合わせ:七飯町経済部商工観光課観光係 0138-65-2517
「大沼国定公園(七飯町)」の詳細をDomingoで見る

6.四季折々の美しい自然に囲まれた「トラピスト修道院(北斗市)」

spot6

正式名称は「厳律シトー会灯台の聖母大修道院」といい、日本最初の男子トラピスト修道院として創設されました。戦後、日本人の食生活が向上するにつれ、トラピストで作られるバターやクッキーが人々に親しまれ、北海道を代表する名産として全国に広がり人気商品となっています。

■開館時間:※建物内の見学は男性のみ。毎週火曜日14:00から
■所在地:北斗市三ツ石392
■アクセス
・JR江差線渡島当別駅より徒歩で約20分
・JR新函館北斗駅より車で約30分
・JR函館駅より車で約40分
・函館空港より車で約40分
■お問い合わせ:トラピスト修道院 0138-75-2139
「トラピスト修道院(北斗市)」の詳細をDomingoで見る

7.函館元町エリアにある定番散策スポット「函館市旧イギリス領事館(開港記念館)(函館市)」

spot7

1934年までイギリス領事館として使われており、現在は開港記念館として一般開放されています。当時を再現した椅子に腰を掛けたり、調度品に触れる体験などができます。1階のティールームでは、60種153株を植え込んだ中庭のバラ園を眺めながら、本場イギリスの紅茶や焼き菓子が楽しめます。

■開館時間
4月~10月 9:00~19:00
11月~3月 9:00~17:00
■定休日:年末年始
■料金:大人 300円 / 学生・生徒・児童・ 高齢者(函館市内の65歳以上) 150円
■駐車場:あり(有料)
■所在地:函館市元町33-14
■アクセス
・JR函館駅より徒歩で約20分
・JR函館駅より車で約8分
・函館空港より車で約25分
・市電「末広町電停」より徒歩で約5分
■お問い合わせ:函館市旧イギリス領事館 0138‐27‐8159
「函館市旧イギリス領事館(開港記念館)(函館市)」の詳細をDomingoで見る

8.ハイカラな衣装を着て異国気分を体感「旧函館区公会堂(函館市)」

spot8

公会堂の歴史や建物の特徴などを解説した館内展示の高貴な雰囲気には目を奪われます。艶やかなロングドレスやハイカラな衣装を着用して異国気分を体験できる「衣裳館」も人気です。好みの衣装に着替えてバルコニーから港を一望しながら、優雅な気分を味わうことができます。

■開館時間
4月1日~10月31日 火~金 9:00~18:00 / 土~月 9:00~19:00
11月1日~3月31日 9:00~17:00
※最終入館:公開時間の終了30分前まで
■定休日:12月31日~1月3日
※施設保守点検のための臨時休館日あり
■料金:一般 300円 / 学生・生徒・児童 150円
■所在地:函館市元町11-13
■アクセス
・JR函館駅より車で10分
・市電「末広町電停」より徒歩で7分
・函館バス「公会堂前」より徒歩で3分
■お問い合わせ:旧函館区公会堂 0138‐22‐1001
「旧函館区公会堂(函館市)」の詳細をDomingoで見る

9.高さ15m以上吹き上げる大迫力の間歇(かんけつ)泉「道の駅しかべ間歇泉公園・足湯(鹿部町)」

spot9

鹿部町の特産や海の幸と温泉の魅力が楽しめる複合施設です。噴きあげる大迫力の間歇泉や足湯が楽しめる「間歇泉公園」と鹿部の食を堪能できる「鹿部食とうまいもの館」が併設しています。足湯で疲れを癒しながら間歇泉が吹き上げる圧巻の光景を見ることができます。

■営業時間
3月20日~11月30日 月~木 9:00~17:00 / 金~日、祝日 8:30~18:00
12月1日~3月19日 月~木 10:00~15:00 / 金~日、祝日 9:00~18:00
■定休日:12月1日~3月19日 毎週水曜日 / 12月30日~1月1日
■料金:大人 300円 / 小人(小・中学生)200円
※未就学児は無料
■所在地:茅部郡鹿部町字鹿部18-2
■お問い合わせ:道の駅しかべ間歇泉公園 01372-7-5655
「道の駅しかべ間歇泉公園・足湯(鹿部町)」の詳細をDomingoで見る

10.約300もの南国のめずらしい植物を観察できる「函館市熱帯植物園(函館市)」

spot10

園内には300種の熱帯植物が生い茂り、冬には温泉に浸かるサルのかわいらしい姿も見られます。湯の川温泉の源泉を、植物園を利用した入園者が自由に利用できる屋根つきの足湯施設もあり、気持ちよく過ごすことができます。

■営業時間:4月~10月 9:30~18:00 / 11月~3月 9:30~16:30
■定休日:12月29日~1月1日
■料金:一般 300円 / 小学生・中学生 100円
※小学校就学前は無料
■駐車場:あり(無料)
■所在地:函館市湯川町3-1-15
■アクセス
・JR湯の川駅より徒歩で約15分
・函館バス「熱帯植物園前」下車
・JR函館駅前より車で約15分
「函館市熱帯植物園(函館市)」の詳細をDomingoで見る

※全ての掲載情報は2021年3月時点のものです。
※全ての掲載情報はその後変更となる場合がございますので、詳細は公式サイトなどをご確認ください。

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード