釧路湿原最大の湖「塘路湖」の魅力と楽しみ方をご案内!【連載『中道智大のしべちゃ日和』(10)】|Domingo

釧路湿原最大の湖「塘路湖」の魅力と楽しみ方をご案内!【連載『中道智大のしべちゃ日和』(10)】

連載

標茶町

みなさんこんにちは。標茶(しべちゃ)町の中道智大(なかみち ともひろ)です。今年の標茶は例年に比べ気温が低く、夏らしい日はあっという間に過ぎていきました。木々も彩りを変え、秋の気配が近づくのを実感しています。さて、今回はそんな標茶町内にある湖、塘路湖の魅力と楽しみ方をご紹介します!

SPOT 塘路湖

しべちゃ日和10_1

標茶町にある淡水湖。釧路湿原国立公園に含まれる。べカンベというヒシの実の産地として知られる。古くはアイヌ民族がこのヒシの実を保存食として利用していた。

豊かな自然と景色、そして動植物

塘路湖の魅力はなんといってもその景色と、自然の姿そのままの動植物です。自然豊かな塘路湖は餌も豊富なため、ここで暮らす鳥たちも多いです。ぜひ塘路湖にいらした際にはバードウォッチングや自然散策を楽しんでみてください。

しべちゃ日和10_6

塘路湖遊歩道。湖畔沿いに歩くだけでも楽しいです

しべちゃ日和10_7

夕暮れのカワセミ、魚をゲットしています

しべちゃ日和10_8

夕日とカワセミ

しべちゃ日和10_9

湖畔の遊歩道を歩くと水辺のハンター、アオサギがいました。じっと待って魚を獲ります

しべちゃ日和10_10

アカゲラ。キツツキの一種です

しべちゃ日和10_11

釧路湿原で行われている早朝カヌー

また、近くにある「サルボ・サルルン展望台」からは塘路湖を一望することができます。ハイキングをしたい方はこちらもオススメのスポットです。

しべちゃ日和10_12

サルルン展望台からの塘路湖。釧網線の線路が伸びています

SPOT サルルン展望台

■所在地:川上郡標茶町塘路
■通行止め:12月~3月
■入場料:無料
「サルルン展望台」の詳細をDomingoで見る

塘路湖周辺の施設をご紹介

塘路湖の周辺には、施設も充実しています。塘路湖の自然に興味がある方はぜひ「塘路エコミュージアムセンター」へ。塘路湖の自然や動植物の紹介、地形の成り立ちなどを細かく記した展示をみることができます

しべちゃ日和10_2

駐車場の目の前にある塘路エコミュージアムセンター。前はパークゴルフができるようになっている

SPOT 塘路エコミュージアムセンター

■所在地:川上郡標茶町塘路原野
■営業時間:4月~10月:10:00~17:00、11月~3月:10:00~16:00
■入場料:無料
「塘路エコミュージアムセンター」の詳細をDomingoで見る

そして、エコミュージアムセンターの隣にあるのが「レイクサイドとうろ」さん。カヌーで塘路湖から釧路湿原の源流部を下るツアーを催行しています。

しべちゃ日和10_3

レイクサイドとうろさん

SPOT レイクサイドとうろ

■所在地:川上郡標茶町塘路原野北8線73番地
「レイクサイドとうろ」の詳細をDomingoで見る

カヌーを体験していると、特別天然記念物に指定されているオジロワシや、冬にはオオワシが飛来することも。体験の様子は「標茶町地域おこし」チャンネルで見ることができます。どんな感じのツアーなのかが気になる方はぜひこちらの動画もご覧ください。(ちなみに塘路湖が凍る冬にはわかさぎ釣りなども体験することができますので、冬もぜひ!)


また、標茶町の歴史を知りたいなら駐車場の道路を挟んで向かいの標茶町博物館「ニタイ・ト」へ。歴史はもちろん、町のアイヌ文化や動植物や昆虫についてなど、広く深く標茶町の歴史を学ぶことができる施設です。博物館では定期的に歴史に絡めたイベント等も行っています。建物もとても落ち着いた雰囲気でとても素敵ですよ。

しべちゃ日和10_4

標茶町博物館「ニタイ・ト」

SPOT 標茶町博物館「ニタイ・ト」

■所在地:川上郡標茶町字塘路1-12
■営業時間:9:30~16:30
■入場料:高校生以上 220円
「標茶町博物館『ニタイ・ト』」の詳細をDomingoで見る

博物館の隣にある建物が「北海道集治監釧路分監本館」。元々は現標茶高校にあったものを昭和44年に現在の位置に移築。北海道文化遺産にも登録されています。

しべちゃ日和10_5

北海道集治監釧路分監本館

終わりに

いかがでしたでしょうか?塘路湖はどの季節に行っても楽しむことができる自慢の場所。カヌーなどのアクティビティだけでなく、博物館やエコミュージアムセンターなどの施設も充実しているので、アウトドア派の方もインドア派の方も楽しめます。

また、塘路湖周辺にはノロッコ号が止まる塘路駅やサウナ施設、ハンバーガーショップや宿もあります。1日だけでなく、標茶町観光の足掛かりとしてぜひ塘路周辺の施設もご利用ください。みなさまのお越しをお待ちしております!

筆者プロフィール

標茶町地域おこし協力隊・写真家・映像クリエイター 中道 智大

1988年千葉県野田市出身。小さい頃から動物や自然が大好きで20代の頃はドッグトレーナーとして様々な犬の訓練に携わる。5年前から自然と動物達の写真と映像制作を始める。現在、北海道標茶町の狼20頭が飼育されていた森で犬4頭と自然暮らしをしている。『人と動物の関係性』をテーマに各SNSにて作品を発表中。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 釧路湿原最大の湖「塘路湖」の魅力と楽しみ方をご案内!【連載『中道智大のしべちゃ日和』(10)】